山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

うつ治療中の「私の場合」父の脱走阻止とスティーブ・マックイーン

昨夜とは別人、今日は穏やかな山姥です。

昨日と何が違うのかわかりませんが、ブログに書いて自分の頭の中の整理がついたことと、抗うつ薬サインバルタのおかげでしょうね。

心はまだ底の方で何かざわついている感覚ですが、浮き上がっては来なさそうです。

【 目次 】

 

真夜中の介護 認知症の父の外出を止めることができた!

昨夜の更新後は何事もなく、皆さんのブログ巡りを数カ所してそろそろ眠ろうとした時でした。

うちは自営業で自宅兼店舗になっています。ダイニングとリビングの南側、道路沿いが店舗で、居住空間の玄関はその反対側、ダイニングの北側にあります。

 

店舗とダイニングを仕切る戸が開く音が聞こえ、夢を見始めていた私はパッと覚醒しました。真夜中、その戸を開けるのは父しかいません。

覚醒したといっても、睡眠導入剤ゾルピデムアルプラゾラムが最高潮に効いている状態。普通なら歩けません。以前、無理して立ち上がろうとして豪快に転んだことがあります。朦朧としていて気がついたら部屋の中で横に転んでいました。怪我はありませんでしたが、あれが階段だったらと思うと今でもゾッとします。

 

でも放っておくと父が外に出て行くパターンです。ふらつきながらソロソロと歩き、店の2階の部屋へ移動しました。ちょうど店内の階段があり、1階の父に声が届く場所です。

店の入り口が開く音がし、慌てて声をかけました。

なんと言ったかは憶えていませんが、咎める口調にならないように、優しく家の中に戻るようにというような説得をしました。

父がなんと答えたかも記憶にありませんが、納得してくれたのは確かです。

 

でもホッとしたのか朦朧としているせいか、父が中に戻る音が聞こえません。窓を開けて道路を見下ろしても人影はなく、それでも一応父を呼んでみます。返事はなし。

窓を閉め、今度はまた店の1階に向かって父を呼んでみます。こちらも応答なし。

もう覚悟を決めて階段を下りていくしかありません。

 

店の2階はいわばバックヤードで倉庫みたいなもの。お客さんが勝手に上がってこないように商品を置き、雛段になっています。同業者とか、本当に勝手に上がってくる人がたまにいるので。

2階を静かに移動し、居住空間の階段を下り始めます。朦朧としつつも身体は目覚めてしまったのか、意外とすんなり安全に下りることに成功し、父の寝室に向かいました。寝室といっても元リビングなんですけどね。

 

父はちゃんと毛布にくるまって横になっていました。

「ごめん、ごめん」と言っていたので、私が心配して様子を見にきたことはわかったようです。笑いながら「まだ真っ暗だから危ないよ~。外が明るくなるまでは横になっててね」と言ったのは憶えています。

 

気がつくと、なぜか自室に置いていたはずのマグカップを左手に持っている私。父を心配しつつも謎の行動です。

せっかくなので白湯を少しだけ飲んで、部屋に戻って寝ました。

 

「ふぅ、脱走阻止成功… ミッションコンプリーティッド…」と達成感を感じつつ……あ、脱走という表現は適切ではないとは思いますが、一度眠りかけて見ていた夢が「やっぱりジェームズ・ディーンよりスティーブ・マックイーンが好きよ」的なものだったので、昔の部屋にバーンと貼り付けていた『大脱走』のポスターを思い出したのです。

 

どんな夢? という話は置いておいて、正直どちらもリアルタイムでは知りません。若い時は今の親世代のスターや時代そのものに憧れを持ち、映画を借りてきて観まくり、音楽も聴きまくりました。ん、音楽は親世代よりもっと下だな…アラカン世代くらい?

 

話が逸れてしまいましたが、とにかく私が珍しく役に立ったというお話でした。

今日は起きてからすっかり忘れていて、夕方になってから兄弟に報告を。久しぶりの父の行動に驚き、ショックか不安からかテンションだだ下がり、私への言葉は何もありませんでしたが満足です。

本当に、私が眠ってしまう前でよかったです。

 

私が大好きだったクールな男 スティーブ・マックイーン

思い出したついでに今日はこのまま続けちゃいます。

まずは「クールヒーロー スティーブ・マックイーン」のご紹介。

スポンサーリンク

スティーブ・マックィーン クールヒーロー ブルーレイBOX(4枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]

 

こちらには映画『大脱走』『荒野の七人』『華麗なる賭け』『砲艦サンパブロ』の4作品が収録されています。

画像は『大脱走』のスティーブ・マックイーンですね。私が貼っていたポスターはバイクで疾走中の場面でした。モノクロでカッコよくてすっごく気に入ってましたよ。もっと丁寧に扱っていれば、今の部屋にも貼れただろうに~……。

 

大脱走』の豪華キャストをご存知ですか?

スティーブ・マックイーンの他に 、ジェームズ・ガーナーチャールズ・ブロンソンジェームズ・コバーンリチャード・アッテンボローも出てるんですよ。

ああ、若い方には伝わらないこの凄さがもどかしい!

でも作品の名前は聞いたことがあるという方も多いと思います。史実が基になっていて、とにっかく面白いですから。

若きビッグネームたちの渋いことクールなことワイルドなこと。

 

『荒野の七人』もよかったなあ……ああ、また観たい観たい観たい観たい~。この耳さえ正常ならば~。

 

ちょっとテンションがおかしくなってきたので、今日はここまでにしておきます。好きなことを語り始めたら止まらなくなる性分です。

 

今夜は誰の夢を見ようかなー。

あ、その前に読者様訪問、頑張らねば。

サインバルタ、確実に効果出てますね、うん。

それではまた。