山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

介護うつ治療中のセルフネグレクトが落ち込んでいるだけの日記

こんばんは。

一週間ぶりくらいに副作用の眠気が戻ってきた山姥です。

もう日付けが変わろうとしています。

 

このブログはセルフネグレクトの介護うつ闘病記「私の場合」です。

今日も正直に記録として綴ります。

 

現在、酷く落ち込み、軽い動悸もずっと続いています。

落ち込みは抗うつ薬サインバルタの副作用で寝る前から、動悸は先ほど起きてからです。落ち込みの原因は今日は介護や家族とは無関係なこと。原因がわかっている落ち込みは対処して断つか、時間が経つのを待つしかないので、

 

 

すみません、上の部分まで書いたところで父がやらかしてくれました。まず、そっちの対処をしてきます。

 

f:id:yamauba:20191008234331j:plain

 

戻りました。

介護や家族は無関係と書いた途端にこれです。もう笑うしかありません。

何を書こうとしていたのか、頭の中から見事に吹っ飛びました。落ち込みも吹っ飛ばしてくれたらいいのに。

 

先生が「本当はサインバルタの量を倍にしたい」というのも納得です。効果が出ていると浮かれていた翌日にこうなるか……さすがに、やっぱり何も感じない方がいいやと思ってしまいますね。

希望を持つから絶望する。

 

うつ病治療開始は希望でした。セルフネグレクトの原因はうつ病、その治療をやっと始められたのですから。自分のための希望はいつも…

 

いやいや、そうじゃないですね。そうじゃないはずです。

負のスパイラルにダイブした方が楽ですが、抵抗する力がつきました。落ちてたまるかー…ってね。

 

でも、今夜は寝てしまった方がよさそうです。お腹が空いているのに、また1階に下りていく気力がありません。睡眠導入剤がこの頃よく効いてくれるので、本当に助かっています。

えーと、ゾルピデムです。それから1日3回服用のアルプラゾラム。

 

飲んでから、皆さんのブログを少しだけ巡って、すぐに寝ます。まだ伺えていない読者様方、申し訳ないです。

 

最近の傾向だと明暗が日替わりなので、明日はたぶん浮かれた山姥に戻るでしょう。

それではまた。