山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

過去記事頼りのリーブミーアローン

こんばんは。

今日は気分落ち気味だった山姥です。

ようやく復活したので書いています。

f:id:yamauba:20190830223028j:plain

自分の問題、介護、震災が残したもの。すべてが切り離せず、過去の記事の分類もほぼ手付かずの状態なのです。

せっかく訪問してくださっても、読みたい記事がどれかわからなければ無駄な時間となってしまいますよね。本当にごめんなさい。

 

なので、まずははっきりと分類できる過去記事。東日本大震災回顧録を2記事、紹介致します。 

yamauba.hatenablog.com

 

yamauba.hatenablog.com

 他の日にもちょこちょこ書いていたりしますが、精神的な余裕ができてきたら、3以降も書きたいと思っています。

 

そして、こちらは「山姥」についてのご紹介です。 

yamauba.hatenablog.com

 

最初の記事は自己紹介というより病歴紹介になってしまったので、経歴などはこちらに書いてあります。

他にも家族の昔話などがありますが、読んでもらいたいというより、自分のためという感覚でしょうか。昨日か一昨日も言いましたが、自分を思い出し、意識し続けるための作業です。

 

過去記事なんか興味なーい、という方はスルーしちゃってくださいね。

代わりに過去画像をお見舞い差し上げます。

f:id:yamauba:20190830224750j:plain

f:id:yamauba:20190830224931j:plain

こんな風に、また外に出て写真が撮りたいです。

 

私は心療内科にしか通院していません。薬を処方してくれるので通っていますが、頼りにはしていませんし、期待もしていません。夏はその通院すらできず、兄弟に初めて代理を頼みました。

薬が切れて明らかに不安定でも、家の中を歩くだけでよろけても、パソコンの前で座ったまま意識を失っても、記事を書くという仕事を延々とし続けていました。

 

クライアント様には申し訳ないですが、今こうしていられるのは幸運としか言いようがありません。あるキッカケで、自分がこのままでは死ぬということに気づけたのです。私は構いませんが、家族の迷惑になってしまいます。家族がいなければ間違いなく孤独死コースまっしぐらです。

 

セルフネグレクトと闘うという思いも、家族がいるから発したもので、実は孤独死の何がいけないのかわかりません。

 

リーブミーアローンってとこです。

 

うーん、今日はろくなこと書きそうにないなぁ……遅いし、もうやめときますね。

でも有言実行、闘いますよ、自分と。そのためにネットで宣言したんですから。

 

今夜もおかしなテンションでごめんなさい。

それではまた。