山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

深夜の断末魔と自分を守る戦い

こんばんは。
2日ぶりの山姥です。

昨日は若クライアント様からいきなり昇格の通達を頂戴し、あたふたしたまま過ごしてしまいました。
待遇は良くなりますが業務内容は一層厳しくなります。
私の場合、仕事自体ではなく、どこまで自分と折り合いをつけられるのかが勝負になります。

セルフネグレストへの挑戦状です。

そう腹が決まったところでブログを更新しようとしたら日付けが変わっていました。
ところが、まさに書き始めようとした時です。

数年振りに響いた深夜のカモの悲鳴。
天敵はまだ存在していたのですね。
悲痛な断末魔は長く長く続き…

不安定になった自分を守るために薬を飲んで寝ました。
起きてから恐る恐る川の様子を窺うと、いつも通りに10羽近くのカモたちの姿がありましたよ。
自然は残酷で優しいものですが、常に悠然とありのままを見せてくれます。

「残酷」なんて感じるのも、理性のある人間のエゴなんでしょうね。
天敵も生きていかねばならないのですから。

なんか神妙な雰囲気になってしまったので昨日撮った画像を載せます。

イメージ 1























ちょっとピンボケですが、あのカラス夫婦です。
ここは噴水みたいになっている所で、水を飲みに来たようです。

今日も見かけましたが、いつも一緒なんですよ。
一羽が姿を見せると必ずもう一羽現れ、一羽が飛んで行くともう一羽も後を追っていきます。
同じ場所でのんびりする様子はなく、まだ新居を整えている最中なのかもしれません。

そして昨日は天気が良かったので、遠ーい山並みを撮ってみました。

イメージ 2





















やっぱりぼんやりしたシルエットでした。しかも斜めです。
昇格の衝撃具合を伝える一枚となりました。

「考え込むより手を動かす」
「何があっても徹夜はしない」

とりあえず、これが今の目標です。
昨夜は自分を守ることができました。
24時間戦えますか?の時代はとっくに終わっています。

これからは自分を守る戦いをしていこうと思います。
ちなみに現在、外は吹雪です。
それじゃまた。