web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

準備は裏切らない 思い通りに運んだイレギュラー通院の記録

 

主治医の気概に感動 すべてが思い通りになった通院記録

 

病院が入っているビルのエントランス

病院が入っているビルのエントランスにあった木 2021年11月26日撮影

 

久しぶりに晴れ晴れとした気分になった。

昨日のブログに書いた件である。

 

www.yamauba.work

 

上の記事に記した通り、自分の状態を細かく書いた紙を持参した。

これがとても効果的だったのである。

 

今回はイレギュラーとなった本日の通院について記録する。

 

 

 

 

障害者手帳再申請のための診断書について

 

精神障害者保健福祉手帳障害者手帳の再申請をせねばならなくなった。

手帳をお持ちの方ならピンとくることだろう。

実は先日、障害等級を1級から2級に引き下げられたのだ。

しかも不当にである。

 

そう、市役所ともめたのはこの件だったのだ。

解決してから詳細を書くと言ったが、主治医との会話の説明がつかなくなるので、4行だけ説明させていただいた。

 

私は初めての更新で、お役人は「初めての場合は診断書は不要」「このままでよければ診断書は不要」と何度も言うので、それを鵜呑みにしてしまったことを主治医に報告した。

診断書なしで障害等級を変えられるなど、誰が想像するだろうか。

「このままでよければ」とは現状維持を表わす言葉ではないのか。

 

それに、もっとも肝心なことを主治医は言い放った。

 

「前より悪化してるのにね」

 

1番納得がいかなかったのは、まさにそのポイントである。

いくらかでも快方に向かっているならば、話はまた別だった。

だが主治医の言葉通り、私のうつ病は、今が1番ひどいと言っても過言ではない。

 

そんな状態で等級を下げられ、誰が納得するというのか。

 

主治医は断言してくれた。

1級に戻るように診断書を書いてくれると。

 

忖度とか便宜とか、そういう話ではない。

私の状態について、事実をありのまま書く、ということである。

それで1発目の申請で、いきなり1級の認定を受けたのだから。

 

私の主治医は、2人目で出会えたのが奇跡なくらい優秀なのである。

 

障害等級が下げられたことに、私と同じように納得がいかない様子だった。

念のために申し上げておくが、障害等級を判定するのは県である

が、県と患者が接触することはなく、すべての手続きは市を介して行われるのだ。

 

つまり患者側からすると、市役所職員の説明が「すべて」なのだ。

 

なんか、ほとんど言ってしまっている気がするが、勢いだ。

それもまたヨシとしよう。

 

そうして、私の最重要案件は主治医の腕に託されたのであった。

 

スポンサーリンク

 

エチゾラムデパス)変更とアリピプラゾール(エビリファイ)増量について

 

私が自分の症状について詳しく書いた紙を読み、主治医は薬の変更、増量にも応じてくれた。

 

エチゾラムは本当にヤバいと思った。

近頃、やけに苛立つことが多いとは思っていたが、私は衝動的にまたやってしまっていたのである。

 

引く準備はいいかい?

 

自分の髪の毛をハサミでバツバツ切り落としたのだ。

たいしたことはない。

ロングが短めのセミロングになった程度だから。

 

問題は髪型ではなく、衝動を抑えられないことにある。

以前やったのは、母が亡くなった年だ。

まだうつ病と診断される前のこと。

 

明るくなくても構わない。

鏡を見る必要もない。

 

髪をまとめ取った指先の感覚で、「ここから下は要らない」と感じた部分をどんどん切り落とすだけだから。

 

実は髪の件だけは、紙に書かずに口答で伝えた。

 

主治医は相槌を打ちながらも、私を見なかった。

いつもまとめ髪で診察を受ける私が、ボサボサ頭に帽子を被っただけで現れたのだ。

おそらく一目でインパクトはあったに違いない。

 

その代わり、エチゾラムは中止」と力強く言ってくれた。

 

新しく処方された抗不安薬ロラゼパム

今日は画像を撮るのを忘れてしまったので、後でこっそり挿入しておこう。

 

「もう今日から、今日から飲んでください」

 

ちょっと慌てた口調の主治医。

いくらクールな先生でも、やっぱそうなるよね。

 

で、アリピプラゾールも迷うことなく倍にしてくれた。

抗うつ薬のはたらきを助ける薬ね。

倍の助けを期待する。

 

勢いだけで一気に書いちゃったな……ま、いっか。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

ボサボサ頭といってもあれよ。

元々天パでくねっくねした髪の毛だから、そう見えるの。

ちゃんとブラッシングして、髪が曲がりたい方向に逆らわないだけ。

 

逆らっても無駄だと知ったのは小6の頃だった。

高校生の頃は思い切ってストレートパーマかけてみたんだけど、1時間ももたなかったからね。

色も赤っぽかったから、何度、いわれなき疑いをかけられたことか。

原付の免許を高1でとっちゃったのが悪かったのか。

 

話が大脱線して迷路。

今の私の頭の中ってこんな感じ。

 

今回は一方的に、私の言い分だけを書いた。

お役人にはお役人の言い分があり、県にも県の言い分があるわけだ。

でもこっちからすりゃ知ったこっちゃないわけで。

 

不当だと感じたら黙ったりしない。

正当なものを取り返しにいく。

 

普通のことだよね?

 

それではまた。

 


うつ病ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク