web
stats

山姥の戯言日記

セルフネグレクト 介護 うつ闘病ブログ 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

新型コロナと東京五輪 「今日の画像」コーナーなど

 

五輪開催反対派のひとつの意見 歩けた話と「今日の画像」 

 

庭のスイセン

2021年4月18日撮影 

 

日中まで続いていた強風は今は穏やかになり、日が沈んでからは肌寒くなっている。

朝晩はまだストーブが欠かせない。

 

今回は、ニュースを見て思った新型コロナウイルスとオリンピック・パラリンピックの話題から。

 

 

スポンサーリンク

あやし美し春爛漫

あやし美し春爛漫

 

 

 

  

東京オリンピックパラリンピック開催の是非について思うこと

 

毎日新型コロナウイルスのニュースを見ているが、変異種の感染力の強さもあり、今後も患者数の増加が危惧されている。

 

日本でもワクチンの接種が開始されたところもあるが、全国民が2回接種するまでどれくらいかかるのだろう。

 

そんな中、聖火リレーは着々と進んでいる。

拒否した県があり話題になったが、コースの変更などで対応している府県もある。

 

東京オリンピックパラリンピック、本当に開催するつもりなのだろうか。

中止による損失が膨大なことはわかっているが、私はツイッターなどで延期もしくは中止すべきだと発信してきた。

無観客にしたとしても、選手や大勢の関係者の安全を、完全に保証できるとは思えないからだ。

 

私自身はオリンピック大好き人間である。

東京開催が決まってから、どれほど心待ちにしていたことか。

我が県で行われる競技もあり、観戦はできないがとても楽しみにしていた。

 

だが新型コロナウイルスの流行が始まり、昨年の開催が延期されてから、徐々に不安の方が強くなっていった。

 

そして現在の状況。

 

パンデミックの沈静化には、年単位の時間が必要だと思う。

不安が残る中で開催すべきではない。

実際に海外の選手の中には、そういった意見を述べる人もいる。

 

何のためのオリンピック・パラリンピックなのだろうか。

 

私などは視聴者のひとりでしかないが、聖火リレーでさえ予定通りに行えない現状を鑑みると、どうしても否定的な意見になってしまう。

 

個人的な意見を述べたところで何の力も持たないが。

ただ、もしこのまま開催となれば、常に不安がつきまとう五輪大会となるだろう。

 

偉そうに上からで申し訳ない。

つまるところ、不安なのは自分なのだ

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

 

  

少しだけ歩けたよ!

 

急にゆるい話題になって重ね重ね申し訳ない。

ここからはいつもの調子でお送りしよう。

 

立ち上がることはできても、その状態のまま微動だに出来なかった私。

それが昨夜…日付は今日、トイレからの帰りに伝い歩きができたのだ。

無理に試みたわけではなく、痛みが今までよりずっと弱くなっていることに気づいて歩いてみたのだ。

ほんの数歩のつもりで。

 

廊下を伝って歩いているうちに、階段の下に到着。

しかも最後の2歩か3歩は両手離しである。

歩幅は狭いけど快挙だ。

4月になって初めて歩いた。

 

やっと光が見えた心地である。

また歩けるようになるという幻想が、現実味を帯びてきたかのようだ。

 

最近は腰が痛くなく、足にばかり湿布を貼っていた。

でも歩いている時にずっしりとした変な重みを腰に感じ、部屋に戻ってから慌てて腰に湿布を貼りまくった。

 

そのおかげか、起きてからも腰は痛くない。

 

ただし、全歩行はまだ無理である。

トイレに行く時、玄関から外を眺めて画像を撮る時、そしてコーヒーを作る時だけ今日は歩いた。

 

1番つらかったのはコーヒーを作る時だ。

キッチンへ行かなければならないからである。

 

伝うものが遠いので、流し台まで這って行った。

コーヒーといってもインスタントコーヒーなので作るのは簡単。

大変なのは、もっとも遠い食器棚にあるコーヒー置き場にたどり着くことである。

 

流し台に沿って歩き、ようやく到着してからコーヒーを作る。

作ったら元に戻さなくてはならないので、もちろん立ったまま。

 

コーヒーを作り終えた瞬間が限界だった。

流し台を伝って戻ることはせず、コーヒーをこぼさないように這って歩き始める。

 

と、ちょうどそこへ遠出の仕事からブラザーが帰宅した。

もうちょっと待っていれば作ってもらえたのに という気持ちと、久方ぶりに自分でコーヒーを作れた達成感とのせめぎ合い。

瞬時にして後者が勝利した。

 

日頃からブラザーには感謝をしながらも、やはり自分のさじ加減で淹れたコーヒーは美味しいかった。

 

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】

 

 

  

今日撮影した「今日の画像」コーナー 9枚

 

自分の家の庭だけど、やはり真上から見える景色とは違った。

玄関から一歩出て、ズームして撮った一枚。

庭のチューリップとスイセン

チューリップの茎がちゃんとあった! 当たり前だけど。

ここまで大きくなれば咲くと思うんだけど、ちょっと心配。

つぼみをアップにしてみた。

チューリップのつぼみ

太陽が出ないと開かないのかな?

茎はシャンとしてるのに、つぼみが元気がないように見える。

咲いたところが見たいなぁ。

 

下の紫の花、名前忘れたけど可愛い。

 

ついでにスイセンもアップで。

スイセン

来年も咲いておくれよ。

 

そして、スイセンの奥に見つけた桜っぽい花。

桜?

まだ小さい低木で、昨年まではまったく気がつかなかった。

手前の太い幹はプランターに植えられているもので、桜っぽいのは地植え。

細い幹や枝が黒いのも桜っぽい。

後でブラザーに聞いておく。

 

次は、うちの木の枝越しに桜を撮ろうとした失敗画像。

うちの枝越しの風景

私的にはアリな画像。

 

枝が映り込まないように、屈んで撮ったらこうなった。

遊歩道の桜

やっぱり結構散ってしまっている。

何かわからないけど左上に白い花のようなものが見えて、このような構図になった。

 

次は3ヵ月ぶりくらいの庭の主。

石灯籠と石のカエル

この石灯籠、屋根部分もだけど土台も著しく老朽化。

でもカエル殿は居心地が良さそうなのでヨシ。

 

ふと隣を見たら、番犬が一匹増えていた。

うちの番犬

真っ黒過ぎてよくわからないけどコリー系かな。

初めは日本犬かと思ったんだけど。

 

最後は外に出たら必ず撮影する真上の空。

真上の空

玄関の真上、こんななの。

昨年より枝の数がずっと多い。

雲のグレイのグラデーションが綺麗なのに残念。

 

でも大木が多いせいか、今年はウグイスが時々来るようになったの!

先週初めて声を聴いた時は、まだ「フッ」とか「ホ~」とか発声練習風だったんだけど、今日は「ケキョケキョ」言っていた。

来週辺りからは本気で鳴きそう。

 

玄関側だから、人の出入りがあるといなくなっちゃうんだよね。

私が聴いた2回はどちらもブラザーの留守中。


今度近くで本気鳴きしたら録音してみる。

  

スポンサーリンク

 

 

 

  

あとがき

 

のんび~り書いていたらこんな時間。 

途中、大河ドラマ観てたけど。

 

う~ん…五輪の件、余計だったかな。

とは思うけど、率直をモットーにしてるからには、気持ちを外に出した方がいいね。

結局、独善的なんだよ、私って人間は。

冷静にそう思う。

 

反対意見でも削除したりしないので、私も言いたいことがある! という方はお気軽にコメントください。

それではまた。 

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

 

 

<