山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

真面目に語りつつ胸がざわつき始めメンヘラ臭漂う闘病記 坊やへ私信あり

ちょっと胸の底からザワザワが浮き上がってきそうな気配。

不安定は明日のはずなのに、もう?

書いてるうちに豹変したらごめんなさいね。

【 目次 】

  

 

副作用も効果も実感なしの本日の体調

まず昨夜のブログ更新後のこと。

たくさん食べた苦しさが残っていても空腹を感じて、調子に乗っておやつ食べてたでしょ?

しばらくしたら本格的な苦しさがやってきたわけよ。

胃が張って張ってとにかく苦しいったら。

 

「消化できてなかったわけか……空腹って消化してから感じるものだろう? フン、まんまと騙されちまったよ……」(心の中のナレーションです)

 

姿勢を正して肩を反らせてみたり、自分で背中を押してみたり、苦しくない姿勢を探して体を捻ったりしているうちに、徐々に張りによる苦しさはなくなっていった。

約1時間半はかかったと思う。

本来なら3食目をとっくに食べている時間なのに、結局、眠る時間まで空腹感は覚えなかった。

 

やっと確信した。今の私は過食状態ではないと。

体調と薬の効果の折り合いが、ちょっと上手くいっていなかっただけのようだ。

過食だったら吐いてでも食べ続けたくなるわけで。

私の場合、吐くのはすごく疲れて体力持ってかれるから嫌なわけで。

第一、そこまでして食べたいという気持ちが湧いてこなかった。

むしろ、もう食べたくないと思ったまま、寝る時間を迎えた。

 

精神的な乱れも原因かもしれない。

昨夜もまた、パソコンの前で眠りかけた。

ハッとして、ちゃんとパソコンの電源を落として、他に変な行動をしていないかと辺りを見回し……。

 

気がつくと、ベッドに腰かけたまま1時間はボーッとしていた。

眠っていたわけではない。

何かを考えていたと思うが記憶にはないし、ただボーっとしていたとしか言いようがない。

さすがに自分で自分がヤバい状態だと気づく。

 

とにかく横になり、眠った。

外が薄明るくなっていたのは憶えている。

目覚めたのは昼前。日に日に遅くなっている。

これも悪い兆候。

 

そして何より愕然としたのが、タブレットが投げ捨てられたように表裏反対になって転がっていたことだ。

私はタブレットを殊の外、大事にし、寝る前に置く所定の位置、置き方も決まっている。

 

ショックだった。

寝る前に身の周りを確認したはず。

一昨日の方が酷かったのに、それでもタブレットはいつもの場所にあったのに。

 

「何をした?……私の大事なタブレットに一体何を!!!」

 

慌てて拾って電源を押す。

無事だった。

思わず我が子を抱きしめるように……するはずもなく、冷静にメールチェック。

 

「また来てやがるよ、このメール。懲りないねえ。はい、消去っと。しっかしねえ、重要と名乗るメールのほぼ90%が重要じゃないってどういうことさ?」

 

そんなことより今日の体調を。

落ち込みも頭痛もなし。副作用的な不快感もなし。

ただ……何かざわついている。胸の底で。

 

昼近くに普通に朝ご飯を食べ、サインバルタなどの薬を飲む。

眠気はこなかった。あの日限定だったようである。

2食目後に薬を飲んでも眠気は来ず、こうしてブログを書いている。

 

明日はどうなることやら。

 

ブログ巡りにハマり過ぎて困っちゃ~う☆

花や植物に囲まれた石灯籠と石製のカエル

昨日撮影した画像

パソコンをつけたら購読しているブログが20近く溜まっていて、慌ててチェック。

どうしても一つ一つ読み耽ってしまう。

書かれた方と一緒に考え込んでしまう。

 

でも、これがとても大事な時間。自分の現実から離れていられる時間。

未知の世界を知ったり、自分にはなかった考え方に触れたり、どの方のブログもとても興味深くて勉強になる。

励ましたくなることも多々あるが、安易な言葉はかけられない。

 

無言ブックマークというのは失礼な行為なのかな?

だとしたら謝罪致します。申し訳ありません。

 

私信 無垢で美しい心の坊やへ

坊や、元気かな。

あそこまで言い切るなら、じゃあ私は黙って見ているという気持ちで返したが、大人げなかったかもしれない。

あれっきり更新がないのは私のせいか?

ならば私の方から引き下がろう。

 

いいかい、坊や。

あんなんで心折れてちゃ駄目だ。己を貫き通すんだよ。

図らずも私が歯止めになったのかもしれないが、私は善人でもお人好しでもない。

このまま待って人様の心配してる余裕もない、ただのやさぐれた婆だ。

憎んでもらっても構わない。気が済むなら恨んでくれ。

問い合わせフォーム作って、キミから何か言ってくるかな? なんて淡い期待を抱いてたけどさ。

もういいね? 私はきっぱり、キミから手を引く。

あの画像、とても綺麗だったよ。

 

私はキミにとって毒にしかならないようだ。

 

ザワザワが本格的に浮き上がってキターーー

何日か前のブログで、これから椎名林檎熱唱するっつって締めたんだけど、本当に歌ってみたわけ。

ところが歌ってみたら……。

 

♪ あいむぁがーっちゃぁぁい ♪ こぉのふーはいーした ♪ (以下フルコーラス続く)

 

思いついたんだから仕方がない。歌いかけてやめるなんて歌に失礼。

声がちゃんと出ている。衰えていない。

いや、それより耳……。

 

♪ ふぉーればらぁーぶ ♪ ふぉーればどぅりーむ ♪ (サビ抜粋)

 

不協和音がない。相変わらずの美声だ。

※注意:当ブログは謙遜という名の奥ゆかしさとは一切無縁です。

 

♪ わたしのーおはかのーまーえでー ♪ (以下フルコーラス)

 

選曲は謎だが思いつくまま歌った。

♪ 舟歌 ♪ を情感たっぷりに熱唱し、ひとまず終了。

 

検証の結果わかったこと。

  • 左耳の聴力は低いままだが、右耳と同じ音程で聞こえるようになった
  • 反響音はまだ酷く、大声で歌うとうるさい
  • テレビなど、複数の音が聞こえると不快なのは変わっていない

大声で歌うとうるさいのは当然だが、頭の中の反響音が凄まじ過ぎる。

 

変わったのは結局、太字にした部分だけだが、不協和音がないというだけで私には別世界である。

もちろん、耳鼻科など行ったこともない。

だが母がかなりの難聴だったため、過去に調べ回った知識だけはあった。

 

耳鳴りもそうだが、治療が遅れるほど回復の見込みはなくなっていく。

わかっていても、セルフネグレクト真っ盛りの私が病院へなど行くわけがない。

家族にもしばらく言わなかった。

この辺は震災の影響があるので、震災の経験談で詳しく書こうと思う。

 

ところがだ。

なぜ今頃になって左耳の聴こえ方が改善されたのか。

思い当たるのはうつ病治療を開始したことだけである。

 

実は抗うつ薬で耳鳴りが改善されたという記事も読んだことがあったのだ。

私は耳鳴りとは違うが、何らかの関連性があるものと思われる。

 

と、真面目に書きながらもザワザワが落ち着かーん!!!

さっき地震かと思ったら動悸で身体が揺れただけだった。

 

明日も2回か3回更新するかもしれないし、更新自体しないかもしれない。

いや、更新できなくなったら赤信号だ!! 絶対更新する!!

 

そのような次第である。

今回はこれにて。