山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

列島の河川を次々と氾濫させるモンスター 台風19号 皆様どうかご無事で

こんばんは。

今日は台風情報を追うことに明け暮れた山姥です。

それでは早速。

 

【 目次 】

 

現在のこちらの状況

f:id:yamauba:20191012223934j:plain

風雨が強まる前の日中に撮影

こちらは東北地方、市から避難勧告が出ましたが、これから移動する方が危険です。

うちの裏は小さな川です。上流のダムが放流することは滅多にありませんが、もし放流して決壊しても、川よりはかなり高い位置に家があります。だから大丈夫という話ではありませんよ。

 

消防車が何度も通って呼びかけるのですが、警戒するように言っているのか、避難するように言っているのか、風雨の音のせいもあって聞き取れません。

 

こちらも未明にもっとも雨と風が強まり、明日一日も警戒が必要となります。

父も兄弟も普段通りに寝てしまっているので、私は明るくなるまで寝ずの番をしようと思います。不安で眠るための薬を飲む気にはなれませんからね。

 

当然のことながら、兄弟の遠出の仕事は延期になりました。父との留守番より、暗い時間から車で出かける彼の方が心配だったので、本当にホッとしました。

 

一度だけ経験した裏の川の氾濫

f:id:yamauba:20191012214244j:plain

風雨が強まる前の日中に撮影

地形から言うと、川の向こう岸一帯がこちらより標高が低いのです。うちが浸水するほどなら、向こう側の広範囲の住宅地が水没するでしょう。

ここに引っ越してきてから一度だけ、この川が氾濫したことがあります。うちの裏庭は家の土地より1m以上低く、以前から建っていた小屋は浸水したものの、家は無事でした。

 

ですが、向こう岸の住宅地に住む知人の家は1階が浸水、流れが弱まってから父が救出に行きましたが、辿り着くまでに腰まで水に浸かって歩いたそうです。

 

私はずっと母の側にいて、窓から水の流れを見ているだけでした。

裏庭に置いていた可愛い火鉢が、水に浮きあがって流されて行くのを、ただ黙って見つめることしかできません。火鉢だけでよかったとも思いますが、とても悲しい光景でした。

 

翌朝、外から大きな声が聞こえ、窓から恐る恐る様子を窺ってみると、若い夫婦と思われる男女が、川に呼びかけながら何かを探していました。叫んでいたのは、おそらくペットの名前だと思います。

悲痛な声で名前を叫びつつ、水量の減った川をどんどん下流の方へ走って行きました。きっと、朝起きたらいなくなっていたのでしょうね。見知らぬ方々でしたが、大雨になる度に思い出す出来事です。

 

皆さまのご無事をお祈りします

f:id:yamauba:20191012224337j:plain

風雨が強まる前の空 日中に撮影

避難なさっている方もいらっしゃるでしょうし、もしかしたら既に被害にあってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

 

特に一人暮らしの方など、とても不安でしょうし、何か困った事態になっていたりはしないでしょうか?

 

現在、裏の川は日中に撮影した水位より40~50cmほど増水しています。

家族がいる私でもとても不安です。

 

でも、何もできない私でも、ここにいます。

ずっとずっと朝まで祈り続けます。

どうか皆さま、ご無事でいらっしゃいますように。