山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

通院前夜の不安と現実 自分をカテゴリー分けできないセルフネグレクト

今日はいつにも増して落ち着きがなかった山姥です。

今回は明日の通院の話から。他に自分をカテゴリー整理できないセルフネグレクト、今日の画像などです。

【 目次 】

 

通院日前夜の不安

f:id:yamauba:20190918225325j:plain

明日は通院の日です。

約2ヵ月ぶりに外を歩きます。その前に、果たして起きられるのか? が最大の不安です。

 

実は、予約はいつも朝一番の時間帯と決めているのです。乗り物に乗っていることができない私は、徒歩で通っているのですが、30分遅いだけで交通量がとても多くなってしまいます。

車の音と空気を震わせて伝わる振動音は、私の聴力には天敵のようなもの。しかも、どちらから近づいているかわからず、狭い道では常に立ち止まり、周囲を確認しなくてはなりません。

 

最近はデジカメを持って行くようにして、あえて風景を見る、撮りたいものを探すというように、気を紛らわせながら歩くようになっていました。そうでなければ、ただ緊張しっぱなしの状態で歩くだけになるからです。

 

そんなわけで、今回も朝一番の予約を入れたわけですが……不安しかない。

 

起きられるか、歩けるか、そして医師に自分の状態をちゃんと伝えられるか。

 

え、3つもある……? そんなの無理無理無理無~理~♪♪

 

でも真面目な話、自分がどういう状態にあるかは伝えねばなりません。ほとんど効果のない薬は増やしてもらうか変えてもらう必要があります。診察料の分はちゃんと診てもらわないと。

 

とりあえず今夜はいつもよりもっと早く寝ることにします。

 

自分自身をカテゴリー分けできないセルフネグレクト

f:id:yamauba:20190919190522j:plain

カテゴリーの整理をしていて気づきました。

思いつきで好き勝手なカテゴリーにしていたわけではなく、私は自分の中身や気持ちをカテゴリー分け…すなわち課題を分離するという作業ができないのだと。できていればセルフネグレクトじゃないのでしょうけど、ここまで自分自身がぐちゃぐちゃだったとは……。

 

お得意の「他人事」として処理するしかありません。私の場合、「客観的に」などという穏やかなやり方では足りないのです。仕事で記事を書いている時のように別人になってやり切りますね。

 

今日は薬を間違えるどころか飲んでさえいないのに、現在、眠気を伴った強い倦怠感を覚えています。

ああ、今眠ってしまえば早過ぎるくらい早く起きられて、問題なく通院できるのに……でも眠ってもすぐ目覚めることは長年経験済みです。たぶん脳貧血だと思います。

 

いつもの半分くらいしか書けませんでしたが、今日は無理せず、ここまでにしておきますね。

 

 

……と思ったら、階下から呼ばれました。父に顔を見せてやってくれと。

行ってきましたよ。ばっちり目が冴えましたよ。倦怠感もどこかへ行って、これからはこういうことが続くのかと憤りに支配されています。やっぱり母と同じ道。

認知症で忘れそうなのが心細いのはわかりますが、こっちの「NO」は一切聞き入れられないわけですね。

 

調子悪いって言ってるのに。休ませてくれってさっき言ったのに。

 

気分が悪いまま終わりたくないので、今日の画像いきまーす。

 

今日の画像 敵を追うカラスたちと平穏な下校風景

f:id:yamauba:20190919192941j:plain

日中にカラスが集まっていて珍しいなーと眺めていたのですが、飛び方がただの移動ではありません。3羽か4羽ずつくらい(おそらく家族単位)のグループがいくつもいて、それぞれ行ったり来たりしているのですよ。でもカラス同士の喧嘩でもない。

 

こういう行動をするのは共通の敵がいる時です。画像は拡大したので近くに見えますが、実際は遠くてどれが敵かも判別できませんでした。

でも一瞬だけ、明らかにカラスより大きめの鳥が一羽、追撃されている様子が見えたのです。トンビならよくあることですが、トンビにしては小さかったような……。

 

追いつ追われつで、すぐカラスに混じってわからなくなり、見える範囲から消えてしまいました。画像に映っているのは全部カラスかもしれません。

 

f:id:yamauba:20190919194312j:plain

ちょっと雑草に隠れてしまいましたが、道草している女の子の手前は自転車に乗った男子高校生です。

平穏な下校風景。私にもこんな時期が……あったのでしょうか。

 

今度こそ、本当にここまでにしておきます。

それではまた。