山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

不安定丸出しにつき、閲覧にはご注意を

こんばんは。

今日はもうやめておこうと思いつつ、心のナレーションをしにきた山姥です。

 

※注意:介護について書き始めたら重苦しくなってしまいました。ネガティブな話は読みたくないという方は、ここでお引き取りくださった方が無難です。

 

まず一つ目。タブレット、やっぱり駄目。初期化もできなかった。違うやり方を検索して探そうとも思ったけど、また脳貧血になる恐れがあるので断念。戦友よ、リセットできないなんて私と同じだな。

 

で、二つ目。脳貧血を起こすわけにはいかない日なんだな。明日、兄弟は仕事で早朝から家にいない。父の世話、看護、介護は私が一人でやらなくてはならない。体調最悪の中、不協和音に耐えつつ何度も同じ質問に答え、何度も様子を見に行き、行く度に不協和音の洪水の中で同じ話を繰り返す。これに耐えきらなければならないのだ。

 

はっきり言おう。できない。

 

でも、そのできないことをやるしかない。

 

感情とか意義とかは無関係。私の精神状態に、私自身が構ってなどいられないのだ。この夏、私の健康状態が過去最悪だったのは、父の看護&介護が原因の一つ。兄弟が重い腰を上げ、やっと父のデイサービスなどに踏み切ってくれたが、私は何年も前から希望していたこと。それでも彼は常に私を戦力に入れている。

 

「明日、頼むな」

 

軽い言い方が更に私の不安を逆なでする。「もう介護はできない」と言いつつ、無理してやってしまう私を見て、やればできるんだろう?とでも思っているのだろう。できないということを納得させるには、「しない」という方法しかなさそうだ。

 

介護放棄?

 

しないよ、目の前にあるうちは。どんなに自分が壊れてってもやるよ。やるしかないだろうが。

 

兄弟を恨んでいるわけではない。彼は私を理解できないだけだから。亡くなった母と父と伯母、この3人が私を壊した。母も父に精神崩壊させられたようなもの。そのツケは私に回ってきた。その父を、私は今守っているわけだね。

 

自分の顔、しばらく見てないよ。いや、鏡とかで見たかもしれないけど、また自分の顔がわからなくなってきている。でも今こうして書いている自分、これは私だ。私はこの世に存在する人間。まだ生きている人間。まだ生きなきゃならない人間。

 

明日を乗り切れるかとか、もうどうでもいいや。なるようにしかならないよ。母の時に燃え尽きて固まったはずの溶岩が、またドロドロと赤く熱を帯びて広がり始めている。とりあえず、死ぬな、自分。まだ死ぬな。タブレットは心中にいざなっているわけじゃないからな。直して、また使うんだ。

 

どう見ても父の方が長生きしそうだけど、いいか、私はまだ死なない。

f:id:yamauba:20190906222556j:plain

うーん、ナレーションというより自分との対話?みたいになっちゃいました。

でも書いて少し落ち着きました。

自分の心を見ました。

 

いつもと人格違ってごめんなさいね。

また、読んでいて不快になった方がいらしたらお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございませんでした。

それではまた。