web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

オリンピック観戦記 カーリング女子 氷上の華麗で熱い戦い

 

今週のお題「冬のスポーツ」五輪観戦記 カーリング女子

 

冬のスポーツ オリンピック観戦記 カーリング

 

書こうと思ったことが今週のお題とマッチした。

昨日今日でいうと、「冬のスポーツ」はカーリングである。

 

カーリングをしたことのある人はどれだけいるものだろう。

少なくとも私はテレビでしか観たことがない。

雪国なのに。

 

カーリングはやってみたいスポーツでもある。

 

まずは昨夜の試合を振り返ってみよう。

 

 

 

 

五輪観戦記 カーリング女子日本決勝進出!

 

昨夜の準決勝で見事勝利を収めたカーリング女子日本代表。

前日敗れた強豪スイスを相手に、主導権を握らせない巧みな試合運びを見せた。

まさにジャイアントキリングといった一戦だった。

 

日本は初の決勝進出となり、銀メダル以上が確実となっている。

 

20日10時過ぎ(日本時間)より行われる決勝では、こちらも優勝候補のスウェーデンを倒したイギリスと対戦する。

予選通過3位と4位の戦いである。

この組み合わせを誰が予想したであろうか。

 

と、私が熱くなるのも当然の流れである。

よもやカーリングの決勝で日本が見られようとは。

 

予選ではイギリスに敗れている日本代表。

再び雪辱を果たしてくれることを願う。

 

少しかたい文章になってしまったけど、日本チームは明るさがいいね。

他のチームが暗いわけではないのに、そう見えてしまうほど笑顔が多い。

ミスすれば「アチャー」というような素直な反応を見せるし、全身でカーリングを楽しんでいる様が伝わってくる。

 

私の地元は雪国だけど、カーリングなるスポーツをどこかでやっている気配はない。

スケート競技やスキー競技のように、もっと広まってほしい。

せめて雪国だけでも、ボーリング場並みにカーリング場があってもいいのではないか。

あ、設備とか現実的に考えないでね。

ただの戯れ言なので。

 

明日の決勝戦で、また彼女たちが活き活きと試合をしてくれる姿を期待したい。

 

スポンサーリンク

 

小学生時代に経験した冬のスポーツと雪遊び

 

私の時代の小さい子どもたちの雪遊びといえば、雪合戦、そり遊び、滑り台遊びくらいなものか。

雪合戦は雪さえあればできるし、1番手ごろだ。

ただ、すぐ疲れて飽きてしまうのが困ったところ。

幼ければ雪だるまを作って場を持たせることもできる。

 

下校中の男子の雪合戦は必ずケンカに発展していた。

途中から本気になってキレる子がいるためだ。

女子にはいい迷惑である。

巻き込まれないためには立ち止まり、男子が通り過ぎるのを待つしかないのだ。

 

そんなことはどうでもいい。

 

私が小さい頃は、小さい子用のミニスキーというのがあった。

今でもあるのかな? あるよね。

低学年の頃はスキー場でミニスキー三昧だった。

もちろんリフトなどは上がらず、下のそり遊び広場みたいなところで直滑降しまくるのである。

 

今でも不思議だが、止まる時は雪だまりまで行って転んで止まっていた。

直滑降しか知らないのに、止まり方も知らないのだから、わりと無謀なプレイヤーである。

私たちの時代の子どもは、ほぼ野放しで遊ばせられていた。

 

空地にすべり台を作ってみたり、かまくらのようなものを作ってみたり。

 

学校の体育では、ノルディックスキークロスカントリースキーというのかな。

長いスキー板を履いて、ひたすら校庭を何周も走るやつ。

解けかけた雪が板に引っ付いて重いし、高低差がないからひたすら苦しいだけ。

大人になってスキーはしていないので、私の「スキー」の思い出はミニスキーとノルディックスキークロスカントリースキーだけなのである。

 

ま、こんなもんだよね、雪国っていっても。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

カーリング女子の決勝戦は、20日10時過ぎよりNHK総合テレビで放映される。

もう明日だ。

ドキドキする。

 

興味のある方は是非ご覧いただきたい。

 

カーリングという競技を小さい頃から知っていたらなぁ。

人生には影響しないだろうけど、冬スポーツの印象がだいぶ違ったものになっていただろう。

 

明日はおとなしく、テレビの前で観戦していよう。

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!

スポンサーリンク