web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

オリンピック観戦記 スノボー ジャンプ ホッケー フィギュアなど

 

北京オリンピック2022 注目の選手たちと競技の成績は?

 

北京オリンピック 観戦記

 

私の中では大盛り上がりの北京オリンピック2022。

連日、熱戦が繰り広げられている。

 

先日、個人的に注目している選手や競技をご紹介した。

 

www.yamauba.work

 

4日目なので、まだ終わっていない競技、始まっていない競技もあるが、現時点での観戦記を記したい。

 

 

 

 

スノーボード男子ハーフパイプ 平野歩夢選手

 

私がもっとも注目している選手である。

 

本日は予選が行われ、見事な滑りで1位通過となった。

高さのある余裕の跳躍と危なげのない着地は、観る者に安心感すら与える。

彼の弟さんを含め日本人選手はレベルが高く、4人全員が決勝戦に挑むこととなった。

女子も3人の選手が決勝進出を決めている。

 

今日観ていて感じたのは、やはり平野歩夢選手は別次元ということだった。

決勝が今から待ち遠しい。

 

スキージャンプ男子  小林陵侑選手

 

小林陵侑選手が、ノーマルヒルで長野大会より24年ぶりに金メダルを獲得した。

この競技もメダルを期待して観戦していただけに、とても嬉しい結果だった。

 

小林選手のスタイルは危なげがなくて非常に美しい。

観ている方にも安心感と余裕を与え、見事、期待に応えてくれる。

 

ラージヒルでもきっと魅せてくれるだろう。

 

ジャンプと言えば、高梨沙羅選手の話題が避けて通れないところだが、あの試合直後の抜き打ち検査が、もう何十年も続いていることに驚いた。

過去、男子の原田選手が体重が200g足りずに失格になっていた(体重とスキー板の規定)。

 

規定は守られなければならないし、検査で失格とされたら、選手はその結果を受け入れなければならない。

 

しかしである。

 

素人だから言えるのかもしれないが、せめて検査を試合前にできないものだろうか。

抜き打ちではなく全員にだ。

 

私は「結果が出た後」の「抜き打ち」という点に、どうしても引っかかりを覚えてしまうのである。

 

終わってしまったことだから仕方がないけども、高梨沙羅選手にはしっかりと立ち直ってほしいと望むばかりだ。

 

スポンサーリンク 

 

アイスホッケー女子 スマイルジャパンの華麗なる進撃

 

昨夜、グループ1位の座を獲得したアイスホッケー女子。

何としなやかな強さを持った女性たちか。

 

中国戦は惜しかったが、昨夜は並々ならぬしぶとさを発揮してくれた。

GKの藤本那菜選手はまさに守護神である。

 

氷上の格闘技と称されているように、アイスホッケーのスピードと迫力は観ているだけでも熱くなってしまう。

準々決勝の対戦国は格上のようだが、是非、負けないパワーと粘りで突破してほしい。

 

フィギュアスケート男子 羽生結弦選手 宇野昌磨選手

 

昨日行われたショートプログラム

何と私がお名前を挙げなかった鍵山優真選手が、日本人最高位の2位と大健闘を見せた。

 

羽生結弦選手の不運なミスについては語らない。

明日のフリーの演技がすべてである。

 

宇野昌磨選手は実力通りの3位通過で、安定した底力を感じさせてくれた。

 

三者三様、詳しい感想は、明日のフリーが終わってからにしたい。

とにかく期待している。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

他の競技も観戦しているが、今回は注目の選手・競技で挙げた一部を取り上げた。

思えば、昨年の夏を乗り切れたのもオリンピックのおかげだった。

応援するもの、熱中できるものを持てて本当に幸せだと感じる。

 

選手の皆さんには怪我なく、悔いもないパフォーマンスをしていただきたい。

 

明日もまた応援して観ていよう。

 

それではまた。

 

読んだらポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!

スポンサーリンク