山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

『麒麟がくる』16回 道三と高政の戦阻止のため光秀奔走

第16回「大きな国」え、もう終わり?なネタバレ感想

 

『麒麟がくる』16回 道三と高政の戦阻止のため光秀奔走

 

決戦までいかなかった……なんてこったい。

それが第一の感想である。 

 

明智十兵衛光秀(長谷川博己さん)の他に気になった人物

  • 斎藤道三(本木雅弘さん)
  • 斎藤高政(伊藤英明さん)
  • 帰蝶(川口春奈さん)
  • 明智光安(西村まさ彦さん)

 

前回の感想であれだけ煽ったのに、戦になる前に終わってしまった

「今日こそ!」と私のように楽しみしておられた方々、誠に申し訳ない。

 

登場人物も重要人物最低限といった感じだったので、今回気になった人物はこれまでで最少の4人となった。

まさか本当に光秀が駆けずり回るだけで終わるとは。

 

では目次から。

  

スポンサーリンク

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

 

斎藤家の揉め事をおさめようと奔走する親戚の光秀

 

 

尾張に嫁いだ 帰蝶(川口春奈さん)、美濃のことで暗躍し過ぎだよな~と思っていたら、光秀(長谷川博己さん)が同じことを言ってくれた。

前回、孫四郎(長谷川純さん)が姉の帰蝶に言われたからといって、明智を尋ねた時からちょっとイラっとしていた私。

今までの無茶ブリとは違って度を超えているように感じたからだ。

 

帰蝶は弟・孫四郎を追い返した(勝手に怒って帰ったんだけど)光秀にも憤りを露わにし、もう光秀のことは信じられない、話も聞きたくないといった様子。

まったく自分が浅はかだったとは思っていない。

それどころか痛いところをつかれて一方的に話を終わらせる始末。

 

まあ、自分も悪いと思っていても言わないか、帰蝶は。

高政憎しの権化と化している最中だし。

本当にね、身内の揉め事ほど厄介なものはないから。

 

信長(染谷将太さん)はわかっているようで光秀に同意であることを示す。

古今和歌集のやり取りは面白かった。

信長は歌が苦手だったのだろうか。

 

父の故 信秀(高橋克典さん)も言っていたね。

蹴鞠(けまり)も歌も何が面白いのかわからないと。

似ていると思うだけでなぜか嬉しくなる。

なぜかはわからない。

   

スポンサーリンク

ダイソン公式オンラインストア

 

大きくなった竹千代と頑張れ岡村さん(菊丸)

さて、駿河の場面は突然の訃報から始まった。

太原雪斎(伊吹吾郎さん)様、随分とあっけなくお亡くなりに…。

医者の 望月東庵(堺正章さん)と (門脇麦さん)は雪斎の死が他国に知れぬようにと監禁状態。

 

そこへ大きくなった人質の竹千代キターと思ったけど、まだ風間俊介さんではなかった。

名は 松平元信 と改め、演じるのは池田優斗さん。

10代前半から半ばくらいかな(あてずっぽう)。

シュッとしたなかなかの美男子である。

 

駒を気に入った様子だけど、駒は後の秀吉 藤吉郎(佐々木蔵之介さん)とも知り合いになっているんだよね。

やはりクレジット3番目だけあって、最後まで重要な役割を担いそうである。

 

そしてクレジット4番目の 菊丸(岡村隆史さん)。

春次と名乗って薬屋に転職したのは、やはり元信(竹千代)近くに出入りできる店だったかららしい。

すっかり顔馴染みになり「若様」「薬屋」と呼び合う仲になっている。

 

それにしても美濃が大変なことになっていると知り、無理やり菊丸に連れて行ってもらうことにした駒。

 

菊丸が一緒だから大丈夫だと思うけど、光秀を見つけてタイミング悪く飛び出したりしないでよ。

頼むぞ、菊丸。

 

頑張れ、岡村さん。

 

それはそうと、もしかしたら と 煕子(ひろこ:木村文乃さん)の初対面が見られるかもしれない。

恩人のことは、息子の光秀より母の (石川さゆりさん)に確認した方がいいしね。

本人たちはそれどころじゃないだろうけど、美のスリーショットに期待しよう。

  

スポンサーリンク

浸透テクノロジーで若返る サイエンスコスメb.glen

  

明智家を冷遇の構えで追い詰める高政

ブラック高政は目も節穴になったようで。

国替えときたよ、明智に。

 

国替えがどんなに辛いことかは『軍師官兵衛』で勉強済み。

もっと良い領地をと言われても喜べるわけもなく。

 

ずっと無邪気に高政に接してきた光秀も、さすがに気づいた模様である。

もう昔の高政は存在しないのだと。

 

高政も高政だ。

光安が道三ベッタリだったこと、光秀が帰蝶と仲良しだったことを気にしているのかもしれないが、彼ほど使い勝手がよく、できる家臣など他にいないだろうに。

しかも戦の前に言うか?

 

あれでは明智は道三に味方し、一緒に滅びろと言っているも同じ…のような気がする。

考え過ぎかな。

もし高政側についても冷遇されることだけは確実かと。

 

今回、高政のことをやたら「嫡男、嫡男」と連発していたけど、正室の子であろうと側室の子であろうと、父親が「嫡男」と決めた子が「嫡男」ってことなのね。

もう、ややこしいことったらこの上ない。

   

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫ 

 

業界最狭水準のスプレッドで提供中!

初心者にもオススメ! 

  

光安の哀愁と道三が光秀に遺した言葉

覚悟を決めたらカゴの小鳥を外に逃がす。

あると思ってたシーンだけど、光安の哀愁を更に色濃く見せていた。

 

そこから徐々に怒りの念が噴き出していく。

叔父上にとっては、「高政 なんぞ 」なんだね。

そもそも高政に殺された2人は甥っこでもあるわけで。

 

家臣の娘を正室にしたのは、明智家が土岐源氏の流れをくむ由緒正しい家柄だったからでしょ?

違ったら申し訳ない。

 

伊呂波太夫は顔出しだけで、次は道三の穏やかな語り。

光秀が縋るような気持ちで戦を止めようとするも、道三の気が変わるはずもなく。

 

 

父から聞いた話シリーズで、まさかここでも麒麟がくるか?と構えたけどこなかった。

そのかわり、

 

「大きな国をつくるのじゃ」

 

と遺言めいた言葉を残して去る道三であった。

 

スポンサーリンク

【全国対応】即日キャッシングの[いつも]※来店不要※

 

光秀、決断の時

光秀の帰りを待たず、光安たちは道三のもとへ行ってしまった。

徒労になった光秀の奔走。

不機嫌そのままに、どちらにも行かぬとは言ってみたものの、それで済むはずはない。

 

 

光秀は考える。

そして、鉄砲を手にして道三と高政のことを思い返す。

出した結論は…。

 

「敵は高政様!」

 

どちらかと言えば嫌いな道三に味方すると。

うん、今まで丁寧に2人のやり取りを描いてきただけあって、説得力がある。

 

光安が先に行ってしまった影響もゼロとは言えないけど、光秀が己の心に問い、正直に出てきた結論だと思う。

こういう光秀なら、後の「敵は本能寺にあり!」も納得できる。

 

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
■お名前.com

  

次回予告 第17回「長良川の対決」

これ!

この予告を観て前回書いちゃったのだ!

 

う~ん、ただの次回予告じゃなくて、これからの展開を紹介する感じのコーナーだったのだろうか。

途中から観たので何とも言えないけど、たぶん、そうなんだろうな。

 

血沸き肉躍らない?

 

でも牧ママンが泣いてた……叔父上? しかいないよね、消去法でいくと。

道三の最期はどんな風に描かれるんだろう。

今までの大河ドラマだと、史実とされるものをアレンジするのが多い気がするんだけど。

 

戦のシーンに関して、前回はおぞましさと血生臭さだけに触れたけど、総じてロマンを感じてしまうんだよね。

本物の戦は嫌いなのに不思議。

 

次回の放送を楽しみにして、1週間、ぼちぼちいきましょか。

それではまた。

 

  

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ