山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

セルフネグレクトの子による親の介護 穏やか&デンジャラス

こんばんは。

今日は穏やかに書くつもりの山姥です。

 

昨日のブログ、やはり書きっ放しというわけにはいきませんからね。セルフネグレクトの親の介護を淡々と綴ってみましょう。

それに母の介護、悪い時は悪いことばかり思い出しますが、いいこと、楽しいこと、嬉しかったこともそれなりにあったのです。

 

今回は本日の父の介護の様子、母の介護中にあったいい思い出の2本です。

 

やはり目が離せないデンジャラス・ファーザー

f:id:yamauba:20190917193503j:plain

私一人の時は、最近はもう朝ご飯のお世話はナシです。父は目が覚めてしまえば勝手にご飯を食べているか(本当にご飯だけ)、私が起きるまで寝ているかのどちらかが多かったのですが、今日は起きてもまだ何も食べていませんでした。

 

父が何時に起きたのかはわかりません。慌ててご飯支度を始めます。お昼ご飯には早過ぎる時間ですが、朝というには遅過ぎるので、これから食べるのは「お昼ご飯」だという設定に。

 

起きられません。

私自身がまず自分の身体を元に戻さなければ、これからも父に朝ご飯を食べさせることはできないでしょう。以前も書いたように、元々低血圧、鉄欠乏性貧血の上、この夏は食べることを忘れがちですっかり弱ってしまいました。

まだ立ち上がるとふらつき、家の廊下を歩いているだけなのにバランスを崩してよろけ、身体の芯に力が入っていない感じです。まあ、涼しくなったからといって、すぐに元に戻るはずもありませんが。

 

とにかく急いで父にご飯を食べさせました。「美味しい」と何度も繰り返しながら食べていて、お腹が空いていたのだろうと思い至ったところで、ようやく正常な罪悪感が胸に広がります。ようやくです。正常……ですよね?

 

同じ質問に何度も答える作業もこなし、父が食べ終わりそうな頃に、私も食事をしに部屋に戻りました。食べ終えたら目の前の薬を飲むようにと念を押して。今日もきっと大丈夫だと思えました。

 

ところが、食事を終えて父の様子を確認しに行くと、ショッキングな出来事が待ち受けていたのです。

 

食器は片づけなくていいと言ってあるのですが、流し台にご飯茶碗などが置いてあり、その中に、あるはずのないものが……。

 

抗菌防臭スプレーです。

 

キャップが外されており、見回すと父が食事していた席のテーブルの上にキャップだけが……まさか……まさか、飲んだ……?

 

テレビの近くの席に移っていた父に問いただします。もし飲んでしまっていたら、ただ事では済みません。もう頭の中は「救急車呼ばないと……いや、まず吐かせないと!」という切羽詰まった発想一色です。

しかし、本人は「飲んでいない」と。驚きと焦りで詰問するような勢いになってしまった私に気圧されたのでしょう。自分が何か悪いことをして迷惑をかけているかもしれない……そんな不安そうな表情を浮かべる父。

 

ハッとした私は穏やかな口調に戻します。飲んでないなら大丈夫だけど、どうしてここにあるのかなー?という風に、何とか思い出してもらおうと必死でした。でも「飲んでない」と答えるだけで、なぜキャップを外した容器を流しに置いたのかは思い出せません。

 

飲み物を置く場所は決まっています。水とスポーツ飲料のペットボトルが並べてあり、父は自分で飲めるはずでした。でもスプレーを飲み物かもしれないと思い、開けてみたのだとしたら、もう目の届く場所に置くことは避けなければなりません。

 

しばらくテレビのついた不協和音まみれの部屋で、父の様子を観察しました。幸い、吐き気や不調を訴えることもなく、時代劇を観て楽しんでいます。「飲んでない」は真実だったようです。

 

本当によかったです……。

 

あんなに肝を冷やしたのは久々ですよ。その後に気づいたことですが、薬を1錠だけ飲み忘れており、これも慌てて飲ませました。同じ場所に3錠まとめて置いてあったのに、よく1錠だけ飲まないという器用な忘れ方をするものです。

認知症の人の行動は想定外の連続ですね。

 

ホッとした途端に、どっと疲労感が襲ってきました。でも不安にさせないように何度も様子を見に行き、小まめに水分補給をさせ、今日もやれることをやりました。

 

昨日はずどーんと落ちていましたが、当日は落ちている暇はありません。良くも悪くも今日も乗り切ったという報告でした。

 

悪いことばかりじゃなかった母の介護期間

f:id:yamauba:20190917191730j:plain

昨日書いたバイオレンス介護(そんな言葉はありません)の内容で、壮絶だったことはご理解いただけたかと思います。

でも母も365日、24時間ずっと泣き叫んだり暴れたりしていたわけではありません。鬱なので人と会わなくなりましたが、「趣味を持ちたい」ということで、いろんなことに興味を示していました。部屋で一人でできる趣味もたくさんあるものですね。

 

私の残念な記憶欠落のせいで、思い出の時系列はおそらく前後するものもあると思います。

歌、特に懐メロ番組が好きでよく観ていました。気に入った曲があるとCDを買ってくれと頼まれ、私は何度もネットで購入しました。演歌は意外じゃないですけど、絢香の「三日月」、SMAPの「世界に一つだけの花」なども頼まれて買った記憶があります。

それから喜多郎さんの「シルクロード」?昔NHKで放送されていた「シルクロード」のテーマ曲です。シンセサイザーの美しい音色で……若い人たちは知らないかなあ?番組が放送されてたのは私が小さい頃だったもんなあ。

 

あ!こういう場面でAmazonとか入れればいいわけですね?

 

……っと、いやいや、今は母の話。雑念を払って母の趣味に戻ります。

朝の連ドラは毎回観ていました。昼も観ていました。そういえば面白い場面では笑っていた気がします。楽しげに、とまではいかず、苦笑のような微笑みでしたが。

 

あー、あれ?ちょっと待ってください……なんかすごい……今、書いていて新たな記憶が甦りました。きみまろさんですよ!綾小路きみまろさん!笑ってました!はっきり声を出して、楽しそうに笑ってました!

 

でもなんで?なんで、あの母の笑い声が記憶から消えてたの……?

ちゃんと笑ってた時もあったんじゃん!一番忘れちゃダメなことじゃんよ!

 

f:id:yamauba:20190917192731j:plain

すみません、興奮してしまいました。穏やかに、穏やかに……。

 

絵手紙の話をしたかったのです。長い期間ではありませんでしたが、母が熱中し、やり甲斐を見つけたように楽しんでいた絵手紙。見出し下の画像がそれです。カエルのおっちゃんは違いますからね。ただの緩和材です。

 

絵手紙はかなりの枚数になり、他にも複数枚並べた大きな額が3つ以上、入りきらなかったものは仏壇に重ねて保管してあります。新聞に投書して掲載されたこともありました。とっても喜んでいました。その一枚だけは今でも玄関に飾ってあります。

 

甦った記憶のおかげか、なんだか久々に懐かしい幸福感も広がってきました。昨日とは別人ですね。混乱している方、ごめんなさいね。

 

今日はこのまま終わった方がよさそうです。

明日は父のデイサービス4回目の日です。

それではまた。