山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

疲労・倦怠感【躁の反動】前回とGoogleインデックス登録の続き

スポンサーリンク

元に戻った。

そしたら半端なく疲れていた。

眠った。

それでもまだ眠い。

【 目次 】

 

昨日の午後からの記録 どっときた疲労感と倦怠感

昨日の午前中の話は前回の記事通り。

 

www.yamauba.work

 

この後、お昼ご飯を準備して父に食べさせ、「私の仕事は終わった……」とホッとしながら自室で昼食。小ぶりなご飯茶碗半分ほどの納豆ご飯だ。

もう兄弟が帰って来ると思うと気が抜け、食べている最中から尋常ではない疲労感が襲ってきた。

 

せめて食べ終えてから来てくれよ、あと一口か二口くらい……。

 

今までで最速の眠気である。陸上100mで新記録が出そうな。

食べてすぐ横になると消化できないので、背もたれ代わりにしているベッドに上体を預ける。朝早く起きられたことで、午後の眠気を予想して少ししか食べなくてよかった。

 

薬を飲む暇もなく、兄弟が帰って来た音にも気づかずに眠った。

起きたのは3時間くらい経ってから。

 

まだ疲れていた。身体がどっしりと重い。当然のことながら、午前中のハイテンションも綺麗さっぱり消えていた。

 

「おかえり。お父さんにお昼出してから今まで寝ちゃったよw」

 

普段のテンションで無理なく言えた。落ち込んではなさそう。

向こうも気遣わしい視線ではあったが普段通りの返事。

それから少し食べ、やっと薬を飲む。

 

時間が経つほど疲労度は濃くなっていった。伴うのは強めの倦怠感。

実はこのブログ、昨夜更新しようとして冒頭だけ書いたものの、そこで力尽きてしまったのである。更新は諦めて他のことをした。

ブログ巡り、Googleインデックス登録の続きなど。

 

衰弱しきった夏とは違う。モサプリドのおかげでしっかりとした食欲が身についた。体力回復のために食欲には逆らわないようにしている。何時であろうとお腹が空いたら食べる……私には必要なことのようだ。

幸い、過食かもと思った日もあったものの、食べ過ぎですぐ胃腸が痛くなり、あれっきり異様な食欲は感じなくなった。モサプリドを飲み始めて1ヵ月を過ぎた頃から、ようやく身体に馴染んで胃腸の調子も安定している。

 

ただ、父の世話をひとりでする前日の不安定感、終わってからの疲労・倦怠感、これだけはどうしようもない。

今日も朝から疲れていて、日中は昨日と同じように眠ってしまった。精神的にもうつ状態ギリギリである。

たった半日の看護でだ。

 

なっさけねー。

 

罪悪感はないが己に失望する。

「介護うつだから」と開き直れるかと思っていたけど、開き直れるような性格なら、そもそも介護うつにはならいだろう。本当に中途半端な人間だ。

今後は開き直れるよう努力したい。

 

一昨日と昨日撮影した「今日の画像」 月とか電柱とか

デジカメに触る気にもなれなかった一昨日、換気のために窓を開けたら月が。

無意識の行動で撮っていた。

雲と戯れる夜の月

曇り空の夜、雲と戯れる月は絶品である。

少し拡大してみた。

夜の雲と月

私の腕ではこれが精いっぱい。

夜の雲たちのなんと楽しそうなことか。

月の光が届かない闇さえ無邪気に見える。

 

換気し過ぎて部屋は寒くなったけど、おかげでクールダウンになり、不安定からハイテンションへと変化したのかもしれない。

 

そして、破壊的な構図となった昨日夕刻の画像。

夕刻の月

これは言い訳をさせていただきたい。

月だけを撮影すると何枚撮ってもピントが合わないのだ。電線を入れるとやや合う。そしてもっと遠めに上のように撮ると、やっと月だとわかる画像になるのである。まあ、面白写真だと思って見ていただけるとありがたい。

 

最後にビシッと決めるのはこちら。

夕日を浴びる電柱

夕日に映える電柱殿。いつにも増して厳然とした風情で佇んでいる。

 

下の2枚は疲労感真っただ中で撮った画像である。こういう時、やはり不動の被写体、電柱殿の存在は心強い。

 

GoogleSearchConsoleでのGoogleインデックス登録その後

下の記事の続きである。興味のある方は目次最後だけお読みいただきたい。

 

www.yamauba.work

 

コツコツ作業を続けたおかげで有効記事数も3桁になり、はてなさんに引っ越してきてからの記事は大方登録された。

特にうつ病治療を始めてからはSEOを意識し過ぎずに、記録として率直な思いを記すことに重点を置いている。仕事でSEO重視の記事ばかり書いていた反動もあるし。

 

上位表示はまずなさそうなのに、それでも毎日Google検索からの訪問者様が見られるようになったのは嬉しい。Yahoo検索から来られた方もおられた。

やっと闘病記ブログとしてのスタートラインに立った気分である。

 

そう、まだスタートはしていない。

努力の甲斐がまったくないだけで、これでも密かに毎日試行錯誤しているのだ。

 

購読している方の中には同じようにGoogleアドセンスに挑んでらっしゃる方たちも多い。もちろん、良きアドバイスの記事を書いてくださっている方もいらっしゃる。

そこで複数の場で目にした気になる言葉。

 

「Googleアドセンスとはてなブログは相性が悪い

 

相性が悪い……そんなアナログな言葉で表される状況が実在するのだろうか?

聞き慣れない専門用語や理解しにくい難しい説明をなんとかクリアして、辿り着いた先に待っているのが「相性が悪い」の超アナログな一言?

冗談でしょ。俄かに信じられることではないよ。

 

原因はわかっているはずである

 

あ、言っちゃいけないことなのかな……空気読むの苦手ですの。ごめんあそばせ。

とはいえ、避けて通れない道なので挑戦はするけどね。

 

うーん、なんか最近、真面目な感じで書いてるなー。

気分が浮かない時はしょうがないね。

明日はどんな気分かな。

それではまた。