山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

懲りないあの方と語りグセ「周知の徹底不足」では済まない問題

こんばんは。
今日はもう思いっきり自分を優先した山姥です。
 
最近、ブログを見返してみると色合いがおかしく見えるようになり、ちょっと自分を守ってみました。
気になってしょうがないのが色合いと明るさですね。先日、体調を崩して以来、画像の明るさ加減が微妙におかしくなってきている気がします。
撮影が下手なのは元々ですが、色や明るさまで正しく認識できないということは、自律神経に問題が残っているのかもしれません。
 
今日も変になっていたらごめんなさい。
 
というわけで、まずは懲りないこの方の画像から。
 
イメージ 1
もう何も言うまい……
 
そして、純白のこぶしだと思われる木に近づいて撮りました。
 
イメージ 2
左の木ですが、白く見えてますか?
右はソメイヨシノでピンクっぽいのはわかるんですけど、左の木の花がどうしても綺麗な白に見えないのです。私だけならいいのですが。
 
実際のところ、こぶしかどうかも自信がありません。いつかそう聞いた記憶があるだけです。間違っていたらごめんなさい。
 
そして一昨日載せた遠くからの散歩道にも近づいてみました。
 
イメージ 3
早朝で、しかも曇っていたので私も外に出られました。
単にゴミ出しついでに足を延ばしただけなんですねどね。
 
しかし、あれですね。
 
どれって、あれですよ。
何を大事にするにも、何を優先するにも、生きていくにはお金が必要です。
 
利用できる制度があるのに知らない人が多いことを「周知の徹底不足」で片づけていいんでしょうか。
ちょっと前に話した介護休業を例にしても、実際に利用したことのない人は9割前後もいるんですよ。しかも、その理由として「制度自体を知らない」と答えた人の割合の多さといったら……。
 
自分で調べて自分で申請しなければならないのは、当然と言えば当然かもしれません。
でもね、本当に困っている人の中にはそんな余裕すらない人もいるんですよ。
 
知らなければ助けも求められない。
 
それで「介護離職者ゼロ」とか言ってんですよ。
 
うちは自営業なんで介護休業給付金なんてものには縁もないですけど、得られるはずの人たちが得ることもでずに離職に追い込まれる…それが現状です。
 
やっぱり待ってちゃダメですよ。
私たちの世代で何とかして、若い世代に安心感を与えないと。
 
 
ああ……また始まった。懲りない私の語りグセ。
それより自分を何とかしろって話ですよね。
 
たまりまくった仕事も気になりますが、今日は早めに寝ます。
なんだか人格がブレまくっている山姥でした。
それじゃまた。