web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

アルツハイマー型認知症の父の要介護度が「5」に

 

入院中の父と介護について思うこと

 

ブルーベリーの実

 

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)で入院している認知症の父が、今の病院に転院して1ヵ月余り経過した。

 

www.yamauba.work

www.yamauba.work

www.yamauba.work

 

入院後、初めて要介護度認定を受けたのだが、結果は「5」。

 

要介護度としてはもっとも重いクラスと認定された。

 

入院前の要介護度は「3」だったので、いきなりの「5」は、予想していた家族ですら大きな衝撃を受けている。

 

今回は、この要介護認定を受けての今後などについて、記しておきたい。

 

 

 

 

 

認知症の父 要介護度5の理由

 

要介護度3で在宅していた時の父は、生活全般の介助は必要だったが、自分の足で歩けたし、食事もダイニングの椅子に座り、箸を持って自分で食べることができた。

 

誤嚥性肺炎になってからは、身体に力が入らず、起き上がることも座っていることもできなくなった。

 

寝たきりで箸も持てなくなり、全面的な介護が必要になったのである。

これが第一の理由。

 

第二の理由は、認知症が更に進んだことにあるだろう。

一般的な要介護度5の基準には、「意思の疎通が困難」であることが条件とされている。

 

離れて暮らして約1ヵ月半。

 

身体が衰弱した父の認知症は、想像以上に悪化した状態にあるのだ。

 

スポンサーリンク 

 

今後について

 

現在は病院からの連絡待ちである。

 

転院した当初、担当医は4週間後に何らかの決定をすると言ったらしいが、1ヵ月を過ぎても連絡がない。

 

おそらく、まだ退院させる目途が立たないのだろう。

 

退院した場合のため、先月中に複数の介護施設に申し込みを済ませている。

今の状態では在宅介護が不可能なためだ。

 

父はもう家に戻ることはないだろう。

母の時と同じ。

 

それ以前に父の場合、そう長くはないと担当医から言われている。

 

あとは最善を尽くすのみである。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

私は解離性健忘のため、父がいつから認知症の症状が出始めたのか定かでない。

だが、随分前だということは憶えている。

 

もう一つ憶えているのは、母が亡くなってから、症状が一気に悪化したこと。

 

介護は綺麗ごとだけでは語れない。

 

母、父と続け、介護の一端を担ってきた私だから言えることもある。

 

「子が自己犠牲を選ばなくても立ちゆく介護社会を」

 

自己犠牲は当たり前という考えの人もいるだろう。

その考え方を否定はしない。

 

なぜなら、私もそう考える1人であったからだ。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!