web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

「私がハマったゲームたち」ぷよぷよとピンボールゲーム

 

ゲーム「ぷよぷよ」と「ピンボール」にハマった話

 

私がハマったゲームたち

 

私はあまりゲームをしない。

ハマると膨大な時間をゲームに費やしてしまうためだ。

 

それでも過去にハマってしまったゲームがある。

 

有料ゲームは、ガラケー時代にハマった「ぷよぷよ」のみ。

 

後はPCに付随していた「ピンボール」である。

 

では、まずは「ぷよぷよ」の話から始めよう。

 

 

 

 

有料でもやりたかったガラケー時代の「ぷよぷよ

 

私は「ぷよぷよ」が大好きだ。

愛していると言っても過言ではない。

 

ハマったのは10年くらい前の話。

無料でたくさんあるぷよぷよ系ゲームでは満足できず、セガサターンの月300円の「ぷよぷよ」をすることにした。

 

携帯電話なので、いつでもどこでも遊ぶことができる。

 

当時の私は、内科の病の療養中だった。

「友だち」や「仲間」が必要で、時間に縛りのあるゲームに手を出していたこともあるが、どれも長くは続かなかった。

 

そんな中で、サービス終了まで続けた「ぷよぷよ」は、心底ハマったゲームと言えよう。

やり切った感がある。

 

スポンサーリンク 

 

PCに入っていたゲーム「ピンボール

 

ぷよぷよ」は例外として、私がするゲームの条件は、無料であることと、無課金で進めること。

PCに入っているゲームは、その点が安心だし、オフラインでも遊ぶことができる。

 

中でも「ピンボール」。

これには一時期、大ハマりした。

 

静かなカードゲームとはまるで違い、こちらのアクションでゲームが左右される。

音も臨場感にあふれ、とても楽しく遊べた。

 

ただ、腕が上達して高得点を狙いにいくと、1時間などあっという間に過ぎてしまう。

最長1時間40分かかり、PCのエラーが出て強制終了される始末。

 

楽しいことは楽しいが、はっきり言って時間の浪費である。

 

このPCの2代前のノートパソコン時代の話だ。

どれも古い話で申し訳ない。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

アナログなゲームも含めると、小さい頃から遊んだゲームは数限りなくある。

自宅や学校、友人宅。

 

ゲームがひとりでするものになったのは、いつからだろう。

特にさみしくはないが(個人的にはひとりの方がいいが)、時代の流れを感じる。

 

書いたら、またやりたくなってきた。

 

ぷよぷよ」に「ピンボール」。

 

探してみようかな。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!

paiza特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」

paiza×はてなブログ特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」「ゲームでプログラミング力を試してみよう」
by paiza