web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

転院から3週間余り アルツハイマー型認知症の父の現状

 

認知症の父 誤嚥性肺炎を繰り返している? 転院3週間余りの記録

 

太陽と青空

 

アルツハイマー認知症の父が誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)で入院し、今の病院に転院してから、3週間余りが経過した。

 

www.yamauba.work

 

上記の記事でも「難しい現状と今後」として触れた。

 

コロナのせいで面会もできない今、担当の看護師さんに電話をすることでしか、父の様子を知ることはできない。

 

今回は、昨日、病院に問い合せ、明らかになった父の具体的な現状を記したい。

 

 

 

 

認知症の父 誤嚥性肺炎が完治していない?

 

まず驚いたのが、父はいまだに熱を出し、点滴を受けることがあるということ。

 

転院は、誤嚥性肺炎が完治してから行われたはずだった。

だが、まだ発熱するというのは、誤嚥性肺炎が原因としか思えない。

 

前の病院の医師は、誤嚥性肺炎を繰り返すだろうと指摘していた。

 

完治していないのではなく、繰り返しているのだろうか。

医師による病状の説明ではないので、その辺りのことは定かではない。

 

自分では食べられず、食事は看護師さんに食べさせてもらっている。

 

それでも誤嚥性肺炎を繰り返すとは思ってもみなかった。

 

認知症の父 食事も食べたり食べなかったり

 

これは転院当初からあったことだが、まだその状態が続いていることに驚いた。

 

やはり誤嚥性肺炎が原因と考えられる。

 

入院前、家にいた頃の父は、とにかく食欲旺盛だった。

必ずおやつを食べ、満足そうにしている父の記憶しかない。

 

私はもう1ヵ月以上会えていないが、かなり衰弱して痩せただろうと想像する。

 

スポンサーリンク 

 

認知症の父 もう起き上がるのは無理?

 

ネガティブな話ばかりになって申し訳ない。

 

転院してから3週間余り経過しても、父の寝たきり状態は続いているのだ。

車椅子に乗ること以前に、ベッドの上で起き上がり、座っていることすらできない。

 

思った以上に厳しい現状である。

 

前の病院の医師には「あと1年」と言われ、今の病院の医師には「いつどうなってもおかしくない状態」だと言われている。

 

リハビリどころではない。

 

転院4週後に、医師が何らかの判断をすることになっている。

引き続き入院か、介護施設に移るか。

 

要介護度認定もこれからだが、看護師さんは「5」になるのではと言っているらしい。

 

正念場は、まだこれからだ。

 

関連記事

www.yamauba.work

 

認知症の父 救いがあるとするならば

 

皮肉な話ではあるが、救いがあるとするなら、父が家族のことも、家のことも忘れてしまっているという事実だ。

 

忘れているのだから、心細さも感じていないかもしれない。

会えなくて寂しいと思うこともないかもしれない。

全ては想像でしかないが。

 

そうでも思い込まないと、父が不憫でならないのだ。

 

ただただ、父の心が穏やかであってくれること。

 

それだけを強く願う。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

母の時もそうだったが、子として親を看取る覚悟はできている。

 

暮らし向きは厳しいものの、いざという時の心構えだけは、私もブラザーもしっかりと持っているつもりだ。

 

私たち兄弟は、常に現実に打ちのめされ、現実に厳しさを教えられ、それでも真っ向から現実を受け止めている。

 

この先、何が起ころうと、目を背けることはないだろう。

 

毎日、闘い続ける。

ただそれだけだ。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!