web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

入院中の認知症の父の経過 前立腺がんの疑いあり

 

認知症の父の入院に思う 介護家族が選択する最善の道とは

 

ナンテンの花

 

ブラザーが、父が入院している病院で、病状などの説明を受けてきた。

 

想定内の説明だったので驚きはないが、改めて整理しておきたいと思う。

 

入院してからというもの、認知症がさらに進み、食欲もないらしい。

 

面会できないのはとても辛い。

 

コロナが本当に恨めしい。

 

 

流星群の夜

流星群の夜

Amazon

 

 

 

前立腺がんは放置の方向で

 

検査したところ、前立腺がんに関わる数値が高く、再発している疑いがあるとのこと。

 

ただ、前立腺がんは他のがんと違って、身体への負担は重くなく、転移の恐れもまずないという話だった。

 

何より、治療や手術となった場合、父の体力では耐えられないという。

 

以上が、担当医からブラザーになされた説明である。

要するに、今後の治療方針を家族に確認したかったのだ。

 

医師が父の体力では堪えられないと言っているのに、治療を望むわけがない。

 

それでなくても「あと1年」と言われているのに。

 

www.yamauba.work

 

もう痛い思いやしんどい思いは、最小限で済ませてやりたい。

 

ブラザーが医師に伝えた思いに、私も全面的に同意である。

 

スポンサーリンク 

 

転院先の病院の受け入れ待ちらしい

 

転院先の病院でコロナ感染が認められ、現在は受け入れできない状態になっている。

 

他の病院に送られるのではと危惧していたが、父が入院中の病院は、受け入れ再開を待っているとのこと。

 

市内の近い病院なので、本当に助かる。

 

やはり面会はできないだろうが。

 

その受け入れまでの期間に、今の病院でリハビリをしてくれているという。

まだ1人で歩かせるのは危ないレベルらしい。

 

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)でそこまで体力が落ちたのかと、改めて驚愕する思いである。

 

介護家族の思い

 

どれが最善の道なのか。

 

どんなにしっかり介護した家族でも、介護が終わると悩んだり後悔したりすると聞く。

 

母の時で経験済みだが、これは、どの家族も背負っていく思いなのだろう。

 

でも今は、最善の道を選択したと思っている。

そう思って過ごしていくしかない。

 

最善の道とは、患者本人だけでなく、家族にとっても最善の道でなくてはならないと、個人的には考えるものである。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

ちょっと堅苦しくなってしまい申し訳ない。

 

やはり「会えない」というのがどれだけ苦痛か、母の時を思い出した。

 

母のことを思い出し過ぎると荒れるので、今回はここまでにしておく。

 

後悔しない道などない。

 

ただ、常に最善の道と信じて歩んでいこう。

 

家族のために。

 

みんなのために。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!