web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

冬に逆戻り 銀世界の画像と闘病記録 社会的不安の波紋

 

大雪注意報の1日 世界規模の不安がもたらす精神的影響

 

雪景色

庭の雪の花 2022年3月6日撮影

 

今日は数十cmの積雪のため、散歩は中止にした。

歩道が狭くて歩きにくいためだ。

 

どうせ日曜日だしと、便乗して片づけも休みに。

 

さて、一昨日、昨日と、まとまりのない文章で「不安」について訴えた。

www.yamauba.work

www.yamauba.work

 

これらも含めて、今回は最近の闘病記録を綴ろうと思う。

 

 

 

 

不安止まりで現状維持のはずだけど

 

やはり3.11が近づくと、自分の中の鬱(うつ)の塊も近くに感じる。

これはどうにもならないし、抵抗するつもりもない。

季節の風物詩と思ってやり過ごすしかないのだ。

 

昨日の話を蒸し返すようだけど、今はそれに加えてコロナ、ウクライナ情勢といった世界規模の不安、物価の高騰など、社会的不安も大きく影を落としている。

それらは他人事ではない身近な不安として、人々のもとに忍び寄ってくるのだ。

 

ちょっと書き方が大袈裟かもしれないが、私たちの暮らしに大きなダメージを与えることは、皆さんそれぞれの立場で痛感されていることと思う。

 

精神疾患者は、精神的な意味で社会的な動揺をもろに受けやすい。

幸い、私は家庭内で陽気に振舞うことができているが、そうでない人の方が多いのではなかろうか。

 

私が陽気に見せる振る舞い、これも実はストレスになってよくないかもしれない。

でも自室でひとりになれば、無理に笑う必要がないので続けられるのだ。

家族と接する時間が短いのも理由のひとつである。

 

私の闘病という観点から言えば、これだけの不安要素がありながら、現状維持を保っているのだから上々である。

 

あとは現状維持のバランスを崩さぬよう留意するだけ。

社会的な動揺が心に伝える波を乗りこなすのは、簡単なことではない。

でもそうやってひとつひとつ、乗り越えていくしかないのだ。

 

乗り越えたところで何も変わらなくても。

 

今日の画像 冬に逆戻りの銀世界

 

起きた時から窓が白一色で、降ってるんだろうとは思っていたけど、予想以上の積雪になった。

 

まずはいつもの川。

雪景色

 

降る雪がわかりやすいよう、川の部分をアップに。

雪景色

 

この後も降り続いていたので、もっと積もったことだろう。

 

いつもの風景。

雪景色

 

雑木林の枝のすべてに雪が積もっていた。

 

うちはどうかと見下ろすと。

雪景色

 

たんまりと積もっていた。

 

この雪、今夜も降り続くらしい。

大雪地区の皆さん、お出かけには十分お気をつけを。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

闘病記録がイマイチだったかな。

ま、いっか。

 

散歩も片づけもせずに何をしていたかというと、読書である。

鷺沢萠さんの『帰れぬ人びと』を読み始めた。

4作品が収録された単行本なので、読み終えるには時間がかかる。

が、その時間が楽しみなのである。

 

明日からは、可能なら散歩、片づけは絶対再開するつもり。

あ、大河の感想ブログがあった……でもその心積もりでいこう。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!

スポンサーリンク