web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

晴れた日の庭仕事は最高 アケビと格闘 庭仕事が好きな理由

 

冬の晴れ間の庭仕事 やはり精神的にいい! と思った理由

 

午後の空

今日の青空と雲 2021年12月9日撮影

 

今日も午前中に庭仕事を始め、終えたのは約2時間後の正午頃だった。

昨日は2時間もできないと書いたのだが、力の要らない簡単な仕事ならできることを知った。

 

www.yamauba.work

 

今日は少し深堀して、私にとって気分転換とは何かについて記録したい。

 

また、気分が解放される空画像も数枚掲載しよう。

 

 

 

 

今日の庭仕事 アケビの木との仁義なき戦い

 

上に出ている枝をチョキチョキしているうちはまだウォーミングアップだ。

アケビとの真の戦いは地中戦である。

 

そう、根っこの殲滅。

 

現実的に殲滅は不可能だが、それくらいの意気込みがないとやってられない。

縦横無尽に張り巡らされた地中の根は、信じられないほど遠くまで伸びてしまっているのだから。

 

今日は当たりをつけて、地上に見えている根と、その付近の浅い地中の根、合計7~8本は切断した。

だが、これはまだ始まり。

根が伸びた先に、しっかりと根を下ろした小さな木が数本生えているのだ。

 

明日は、これらに取りかかろうと思う。

スコップとノコギリの出番がようやく来た。

確か、明日も晴れの予報だったはずだ。

 

明るい裏庭を手にするために、私は明日も闘うのだ。

 

スポンサーリンク

 

庭仕事が気分転換になる理由「私の場合」

 

結論を先に言うと、その作業に没頭している間は、鬱(うつ)を忘れられるからだ。

 

好きな文章を書くことに没頭している間もそう。

いわば現実逃避の状態に近い。

 

他の病で苦しんでいる人もそうだと思うが、少しでも病を忘れていられる時間を持つことは、精神衛生上、とてもいいことなのである。

すっかり忘れられなくても、気がまぎれるということもあるのだ。

庭仕事は天気に左右されやすいけど、本当なら毎日でもしたいくらい。

 

やはり毎日、病気の悩みにとらわれて過ごすのは辛いものね。

闘病にも休息は絶対に必要だ。

休息自体も薬のようなものだし。

 

まあ、見出しを作るほどの内容ではなかったかもしれない。

 

私は自分の中にあるはずの「自然治癒能力」をまだ諦めていない。

どうすれば覚醒してくれるのかわからないけど、ちょっと病を忘れて活力を取り戻しているうちに、徐々に……なんてことになるといいなと思っている。

理想だね。

 

それに、「ついでに▽△を○○してくれる?」とブラザーから別件を頼まれたりして。

「あれ、もしかして役に立ってる?」なんて嬉しく感じたりもしてね。

こういう些細なことの積み重ねが、力になってくれたらと思った次第。

 

本当、理想だね。

 

スポンサーリンク 

 

今日の画像 空ばっかり

 

庭に出た時の空

サザンカも一緒に。

サザンカと空

青空と雲

 

12月にしては濃い青空だった。

飛行機雲の感じなんかも、11月の空みたい。

 

こちらは午後の空

午後の空

午後の空

午後の空

 

冬の晴れた日の雲は繊細。

今頃の太陽なら、直接日光に当たっても動悸もしないし、めまいもしない。

 

セロトニン効果を実感しつつ、明日も庭仕事を続けよう。

 

スポンサーリンク

amzn.to

 

あとがき

 

冬が1番体調が安定する私は少数派かもしれない。

暖かい日なら、冷たい北風すら心地よく感じるのだ。

 

しかし、高枝切りばさみを使ってみたのだが、あれは握力がないと切れないね。

私は手元で切れる短いはさみばかり使っている。

空いた方の手で枝を押さえられるからね。

 

明るい裏庭計画、明日はどこまで進められることやら。

それではまた。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 

 
メンヘラ日記ランキング

 

スポンサーリンク