web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

昨日の疲れはどこに? 今日はいざ薬局へ 近所と庭の画像

 

昨日の今日の話 今日になって痛かったのは? 薬局との往復でリハビリ

 

落ち葉と松ぼっくりとくるみ

松ぼっくりとくるみと落ち葉 2021年11月11日撮影

 

表題の通り、今日は薬局に行ってきた。

昨日の通院帰りに寄らなかったのは、歩くのが限界だったせいもあるが、正午を過ぎていたせいもある。

水曜日は薬局は半ドンなのだ。

 

ちょっと過ぎたくらいなら「いいですよ」と言ってくれる優しい人たちばかり。

でも、つきあいが長いからこそ、そういう部分で甘えたくないと思ってしまう面倒な性分である。

 

今回は昨日の続きのような、昨日の今日の話を記そう。

 

 

 

 

 

昨日のダメージはまだ来ない?

 

病院の帰り、徒歩10分のところを約1時間かけ、死に物狂いで帰ってきた昨日の記録はこちら。

 

www.yamauba.work

 

昨日はひたすら全身が疲れていたが、今日は少し違った。

右足付け根の鈍痛は想定していたより弱く、ちょっとだるい感じはあるものの、疲労感がまったくなかったのだ。

 

その代わり、右のろっ骨の脇辺りに結構な痛みが走る。

おそらく買い物の荷物を持っていたせいだろう。

 

先週の土曜日に、買い物に行って背中全体が痛くなったばかりだというのに、昨日の私は必死過ぎて忘れていたのだ。

背中が痛くなった時は肩さげタイプのエコバッグだったが、昨日は手提げの小さめのレジ袋である。

土曜の荷物の半分くらいの重さか。

 

本当にヤワになったものだ。

 

疲労感も、もしかしたら明日ダメージが出始めるのかもしれない。

そんなお年頃である。

 

あ、でも睡眠時間は久々に9時間を超えた。

それがよかったのかも。

眠っているのに、眠っている夢を見たのを思い出した。

夢の中でも寝たかったらしい。

 

何にしても、右脇腹さえ注意しておけば、今は何ともない。

明日もこうであってほしい。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸! 

 

今日は自宅と薬局の往復 約100m

 

雨が止んでから、午後の早い時間に薬局へ行ってきた。

 

傘を杖代わりにして。

これで痛感した。

私が外を歩く時には、杖が必要であるということを

 

往復100m、昨日と違い、一度も休まずに歩けたのは、傘のおかげである。

昨日も、ちゃんと杖を持って出かけていれば、苦痛の時間はかなり違っただろう。

返す返すも杖を忘れたことが悔やまれる。

 

さて、今日は薬局に入って必要なものを提出し、すぐにオロナミンCを1本買って飲んだ。

片道だけで喉が渇いてしまったのである。

 

数十年ぶりのオロナミンCは、とんでもなく美味しかった!

 

 

これで少し元気になったかもしれない。

 

顔見知りのおねえさんとちょっとだけお喋りをし、会計を終えて薬局を出た。

 

そういえば、私がいる間、1人もお客さんが来なかった。

近所の病院、休診日だったのかな。

 

スポンサーリンク 

 

余裕があってもなくても とりあえず撮影

 

まずは小さな川の合流点。

小さな川の合流点

下流から撮っていて、中央に伸びる川は、うちの裏を流れる川だ。

増水しているものの、青空を映し出すほど綺麗な水である。

 

それに比べ、画像向かって左側から合流する川は泥水だ。

はっきりと色が違うので、おわかりいただけよう。

こんなに違うものだろうか……と、またしても上流にある○✖業者に疑惑を持つ私だった。

 

真上の空を取ったら、青空が少なかった。

真上の空

 

帰宅してよく見たら、まだ湿っぽい砂利道に、サザンカの花びらがたくさん散っていた。

サザンカの散った花びら

今年はなんとなく、花が少ない印象だ。

本当に、なんとなく、だけど。

 

そして裏庭に向かう。

家の中から黄色い葉っぱが見えていたためだ。

裏庭の黄色い紅葉

見事にほぼ黄色だけの紅葉。

日陰で綺麗な色が出なかったのが残念だ。

 

気になったのは、うちの最大の木であるネムノキの状態。

ネムノキの紅葉?

画面では黒っぽくなっているだろうけど、雨のせいでコウモリみたいにぶら下がっている葉は、少し黄色かった。

 

裏庭の木の紅葉をちゃんと見たのは初めてかもしれない。

まったく記憶にないから。

 

でも、まだまだ名前がわからない木が多い裏庭。

お隣さんの方が知っているので、来年はブラザーに聞いてもらおう。

私が聞けたらベストなんだけどね。

 

最後は、薬局でもらってきたこちら。

わたしの覚え書きメモ

うちは父にもしものことがあれば、我ら兄弟2人だけが残る。

ブラザーに言わずにかけている保険もあるので、念のため、メモしておこうと思った。

 

意思表示できなくなった場合というと、認知症が思い浮かぶかもしれない。

でも私が真っ先に思い浮かべたのは、意識不明の重体というシチュエーションだった。

いつどうなるかわからないのは皆一緒だけど、私は人よりちょっとだけ近い気がするのだ。

 

備えあれば患いなし、は、災害時に限ったことではない。

まず、自分が忘れてしまう前に、メモをするのが私の目的である。

解離性健忘に踊らされないためにも。

 

何年生きるかわからないけど、こういうことをちゃんとして、ブラザーに迷惑をかけないようにしたい。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

やりたいことがたくさんある。

一昨年辺りにはなかったことばかり。

あってもやろうとは思わなかっただろう。

 

人の心とは、良くも悪くも移ろいゆくものである。

 

時代はコスパよりタムパらしい。

タイムパフォーマンスの略語である。

 

自分の管理が苦手な私には、もっとも大きな課題だ。

 

でも完璧主義に陥りやすいので、「のんび~りテキトーに」と毎日自分に言い聞かせている。

皆様のタムパはいかがですか?(使い方合ってる?)

 

それではまた。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

 


うつ病ランキング

 

スポンサーリンク