web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

闇あり谷あり「10年で変わったこと・変わらなかったこと」

 

闇と谷しかない? 闇が出そうになると話題を変える記事

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

 

雨雲と太陽

 

はてなさん、改めて10周年おめでとうございます!

 

さて、10周年特別お題に挑戦するのは、これで3つ目となる。

 

www.yamauba.work

www.yamauba.work

www.yamauba.work

最後は「今週のお題」である。

ついでなので追加しておいた。

 

今回のお題は、私は書くつもりがないと言ったお題だ。

気が変わったのには理由がある。

「1年前のブログを振り返ってみませんか?」とはてなさんから提案されたのだ。

 

そこで私は考えた。

1年前なんてまだついこの間。

年末ならまだしも、10月下旬という半端な時期に振り返りをするのなら、10年分を振り返ってやろうじゃないかと。

 

火をつけてくれてありがとう、はてなさん。

どうなっても知らないぞ~。

 

 

 

  

 

10年で変わったこと

 

何年に起きた出来事か、はっきり憶えているのは東日本大震災の年、ちょうど10年前のことだけである。

 

思いついた順番に挙げていこうと思う。

私個人のことはこの色で

良くない出来事はこの色良い出来事はこの色で表すことにする。

 

10年で変わったこと(震災関連)

  • 震災発生、家中がめちゃくちゃに
  • 液状化現象で床下のお湯用のパイプが破損(修理されたのは1ヵ月以上後)
  • 叔父叔母従姉弟たちが全員無事なことを3日後に知る
  • 病院も商店も閉まっており、ブラザーが食料調達に奔走
  • ずっと揺れっ放しで家族全員が地震酔い
  • 2週間ほどしてやっとかかりつけ医が診察再開
  • 1ヵ月近く経過してもコンビニの棚はスカスカ
  • 3ヵ月後の6月、自家中毒と鉄欠乏性貧血悪化で瀕死状態。家事の一切が不可能に
  • 7月、左耳に聴覚異常が表われ始める(突発性難聴に酷似)
  • 夏の間は通院する度に熱中症

 

震災の年以降の変わったこと

  • 親友の1人が議員に
  • ブラザーが脊椎骨折で全治3ヵ月 買い物も家事も私がやった(限界突破)
  • 従弟が死去(自死
  • 父が膀胱ガンになるが初期で軽く済む
  • 諸悪の根源の伯母と警察沙汰のすったもんだの末、絶縁がかなう
  • 母の病状が悪化、1年のうちにどんどん弱り、最期は施設で亡くなる
  • 父のアルツハイマー認知症が一気に悪化
  • 親友2人、幼馴染みのアナウンサーと再会
  • 2019年2月、約10年ぶりにネットに復帰、ライター業を本格化させる
  • 同年夏、介護と仕事でストレス爆発、拒食症になり衰弱
  • はてなブログに引っ越し、良い出会いに恵まれる
  • 同年秋、ようやくうつ病と診断され、治療開始。ライター休業
  • 同年冬から翌年春にかけ、自立支援医療と障害者年金の手続きを1人で行う
  • 2020年4月から障害者年金の支給を受ける
  • そのおかげで父の施設利用が増加し、介護の負担が軽くなる
  • 2020年、従兄が脳梗塞車いす生活に
  • 同年、従兄の胃ガン発覚、2021年6月に死去
  • 2021年5月、自分が解離性障害であることを知る
  • 同年9月、Kindle本出版

 

ざっと思い出してこれだけ。

私個人のことは良いことも悪いことも同じ色にした。

 

小さな出来事で考えれば、もっと良いこともあったはず。

はずだけど、パッと思い出せない。

悪いことも、ブログを書き始める前のことは、いつのことかわからない。

ただ、前後関係から考えて、順番はあまり間違っていないと思う。

 

この中で(震災関連除く)私が1番よかったと思えるのはコレ。

  • 諸悪の根源の伯母と警察沙汰のすったもんだの末、絶縁がかなう

歪んでるよねぇ、私の頭とうちの周辺って。

死んだって聞かないから、たぶんまだ生きてると思う。

どっちでもいいけど。

 

おっと、闇の顔が出てきそうだ。

 

話題を変えよう。

 

スポンサーリンク 

 

10年で変わらなかったこと

 

  • セルフネグレクトのまま
  • 未婚者のまま
  • 子どもなし
  • 書くことが好き
  • 本が大好き
  • 音楽が大好き
  • 映画やドラマも好き
  • ブラザーを尊敬している
  • 自分が大嫌い

環境があまりに変わったので、私個人のことだけを。

公表して差し障りがない事柄だけである。

 

結婚願望がないので、自分を不幸だと思ったことがない。

私の血を引く者など、この世に残せるかというのが本音だ。

幼い頃から既に私は化け物だったから。

 

あれ、自分のことを語ろうとすると、どうしても闇の顔が出てくるな。

 

Kindle本を出版できたことは、私にとってとても大きい。

ずっと密かに書いていたのだ。

様々な物語を。

 

実を言えば、私は現在執筆中の本が初のファンタジー作品になる。

1冊目も初のホラー作品。

 

何を書いてきたかというと、ヒューマンストーリーである。

しかもハードボイルドでサスペンス要素ありの、である。

 

超が付くほどの長編だが、とても発表できるような代物ではない。

 

でも、そこから短く摘まんで、短編ならいくらでも書けるだろう。

ヒューマンサスペンスストーリーって、どのくらい需要があるのだろうか。

とっつきやすいホラーから入ってみたが、別にホラーをなめているわけではないぞ。

私の頭の中が、ホラーだと気づいただけだ。

書いてみたら相性が抜群によかった。

 

次のファンタジーはコメディタッチである。

重苦しい話を軽く読んでいただけるように。

 

さて、ブログはこれくらいにして本を進めよう。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

不幸自慢に見えるだろうか。

人にどう思われようと構わないが、意識的に不幸を自慢してはいない。

なぜなら不幸なのではなく、至極当然の道を歩んでいるからだ。

 

今では幸福感の方が勝ってきているかもしれない。

書くことができる。

読むことができる。

それだけで十分なのだ。

 

理解されなくても、自覚があればそれでいい。

目指せ 孤高死! である。

 

それではまた。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


メンヘラ日記ランキング

 

スポンサーリンク