web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

最近の闘病記録 従兄の納骨 短編小説『ドトールの紳士』

 

闘病記録と従兄の納骨 短編小説『ドトールの紳士』

 

チョコモナカジャンボ

今日食べたアイス チョコモナカジャンボ

 

今日は東北の我が地域でも猛暑日となった。

午前中はまだよかったのだが、昼過ぎから動悸が始まった。

この夏、初かな?

 

横になろうかと思ったけど、身体の内側から熱くて身の置きどころがない。

熱を測ったら37.1℃しかなかった。

 

クーラーの設定温度を1℃下げたら、動悸が落ち着いたので、ようやくブログを書いている。

一筋縄ではいかない猛暑日対策。

次からはもっと早く温度を下げよう。

 

  

スポンサーリンク 

 

 

闘病記録 暑さで鬱(うつ)が安定?

 

暑い日を乗り切るので精いっぱいで、鬱は現状維持(重め)で安定している。

と、以前も書いた気がするが、ずっとそんな感じだ。

 

今日は日中に動悸がしてヒヤッとしたものの、冷房を強くすることで治まった。

 

昨年の夏も動悸から始まり、いくら水を飲んでも喉が渇いた状態が続き、パニック発作寸前までいったことを思い出す。

パニック発作が見えてくると冷静になることは難しいが、昨年は何とか回避できた。

 

動悸はおもに身体の内側か外側の熱が原因なので、今日のように冷房の温度を下げたり、冷たい水で身体を冷やしたりしながら切り抜けていこう。

胃腸に負担がかかるだろうが、それがもっとも効果的である。

 

今年はこちらでも猛暑日が多くなりそうだ。

油断なく乗り切りたい。

  

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

 

 

従兄の納骨

 

6月に亡くなった従兄の納骨が本日、執り行われた。

父がデイサービスの日を選んだのである。

 

www.yamauba.work

 

祖母と自分の母親と一緒のお墓に入り、本人もホッとしていることだろう。

私はもし歩けたとしても、猛暑日の屋外、それも墓地に行くのは無謀である。

したがって、親族はブラザーと奥さんが参列。

とんでもなく暑かったらしい。

 

そして新たな問題が発覚。

病院から入院費とは別の請求書が届いたらしい。

ブラザーとは少ししか話せていないので詳細不明だが、何となく察しはつく。

 

葬儀代は借金をして払ったが、今回はどうか。

そうでなくても自宅の下水工事で100万以上かかるというのを、別の応急措置で20万で済ませようとしていたところだ。

外壁も応急措置しかしていないので、いつかはしっかりと直さなくてはならない。

 

家のローンはとっくに払い終えているが、維持費というはバカにならないものである。

 

あ、納骨の話だった。

これでひとつの区切りとなる。

新盆だからといって特別なことをするわけでもなく、母の時と同じだろう。

お供え物が少しグレードアップするくらいか。

 

従兄の話になると、どうしても金銭問題が出てくる。

せめて生命保険には入っていてほしかった。

 

読者様方は生命保険に入っていない人の方が少ないと思う。

私でも入っているくらいだし。

葬儀代くらいは自分で遺せるのが理想である。

 

スポンサーリンク

 

 

短編小説『ドトールの紳士』

 

短編小説『ドトールの紳士』

 

 もう生きていてもしょうがない。

 目の前のアイスコーヒーも飲む気にならず、私は椅子の背もたれに身体を預け、ずっとうつむいていた。

 働いていた会社でリストラ、それから仕事を探し続けて半年になる。私はもう捨て鉢になっていた。三十半ばの独身女である。仕事は見つからないし、貯金も残りわずか、アパートの家賃を払ったら底をつきそうだ。

 頼れる友人は皆、子育ての真っ最中だし、実家には祖父母と両親、そして長男一家が暮らしている。そんなに広くない一戸建てに、私を受け入れられる部屋はなかった。

 アルバイトでもパートでも構わない。とにかく働いて食つなぐしかないのだが、私にはもう生きる気力すら湧いてこなくなっていた。

「フッ……うつ病かな」

「え?」

 思わずひとり言を言ってしまい、私はハッと顔を上げた。

 空いているテーブル席を挟んだ向こうに男性がいる。

「あっ、何でもないです。すみません」

 驚いたように見つめる男性に、慌てて返した。

 上品な微笑みで会釈され、自分も軽く会釈をしたが気まずい。仕方なく、氷が溶けきったアイスコーヒーを飲み始めた。

 心臓が早鐘を打っている。ひとり言を聞かれた恥ずかしさもあるが、理由はそれだけではない。一目見ただけで、その男性がとても不思議な存在であるように感じたのだ。

 男性が本を読んでいるのをいいことに、何度かチラ見する。

 テーブルにはホットコーヒー。白髪なのに顔はとても若い。年齢不詳である。カジュアルなジャケットをエレガントに着こなし、どこから見ても紳士だ。このコーヒーショップには申し訳ないが、こんな紳士がなぜここに? と思うほど、彼の佇まいは一枚の絵画のよう。周囲のガヤガヤした音さえ聞こえなくなり、私の目には、まるでそこだけが異次元のもののように映った。

 やがて彼は本を閉じて立ち上がった。帰るようである。

「あの、お嬢さん」

 テーブルの前を通り過ぎようとした紳士に声をかけられ、私はコーヒーを吹き出しそうになった。歳相応に見える私は「お嬢さん」呼ばわりされる容貌ではない。

「驚かせてしまいましたね。すみません」

「え? あ、いいえ……」

 無意識にすごい形相で凝視してしまったらしく、紳士に謝罪された私は引きつった笑みを返した。また周囲の音が消え、彼の穏やかな声だけが耳に滑り込んでくる。

「どこかでお会いしましたか?」

「いえ、初対面だと思いますけど」

「そうですか……」

 いかにも賢そうな思案顔が様になっている。顔も声も若いが、どこかの大学の教授とかだろうか。

「よろしければこの本を読んでみませんか? 私は読み終えましたので」

「はい?」

 事態が呑み込めず、差し出された本をひとまず手に取った。知らない作家の知らないタイトルの本だ。

「では、ごきげんよう

ごきげんよう……えっ、あ、ちょっと待ってくださいっ」

 慌てて立ち上がり膝をテーブルに打ちつけたが、痛がっている場合ではない。

「そんな、まさか頂くわけには……」

「本はお嫌いですか?」

「いえ、好きですけど、そういう問題じゃなくて……えーっと……」

 上手い断り方が思い浮かばずに、私は焦るばかり。

「では、こう致しましょう。次にお会いした時に返して頂くということで」

「次に? え? ここですか? どこで――」

「どこかはわかりませんけど、お嬢さんにはまたお会いするような気が致します。私の予感が当たったら面白いと思いませんか?」

 どこまでもあたたかい微笑み。あまりに自信満々に言われて絶句しているうちに、紳士は素早く帰ってしまった。

 いや、追おうと思えば追えたはず。追わなかったのは自分の意志だ。彼の予感が当たるかどうか、面白いと思ったのだ。絶望の淵にいたのが嘘のように、その予感に胸が躍ったのである。

「どうかしてるわ……」

 今度は遠慮なく声に出し、大きなため息をついた。ため息は雑音にかき消され、もう異次元のような感覚はなくなっている。

 あの紳士は私が自殺志願者だと思ったのかもしれない。だから本を貸し、実現するか甚だ怪しい "予感” とやらを持ち出したのだ。まったく嫌味のない鮮やかな提案に、小娘のように踊ってみるのも悪くない。もう失うものは何もないのだから。

 コーヒーのおかわりを頼み、私は早速、本を開いた。

 

 3ヵ月後、私は紳士と会ったコーヒーショップで働いていた。働き始めたのは彼と会ってからすぐである。

 どうしても彼に会って本のお礼を言いたかった。もちろん、本はすぐに取り出せる場所に置いてある。彼に借りた本のおかげで、私の人生観は大きく変わった。直接ではないものの、読み終えた者すべてに「どう生きるか」という課題を投げかけるような小説だったのだ。

 それまでの見栄っ張りでプライドばかり高かった私はもういない。どんな時でも笑顔を絶やさずにいられるし、生きること、仕事ができることを、本気で嬉しいと感じるようになった。

 紳士はまだ一度も現れていない。もしかしたら私が休みの日に来たことがあるかもしれないが、それもまた縁というもの。自分が出勤の日に再び現れるのを待てばいい。

『お嬢さんにはまたお会いするような気が致しますよ』

 おばちゃんやおばあちゃんになっても、私は心からの笑顔で待ち続けるだろう。

 

スポンサーリンク

 

 

あとがき

 

短編小説にはモデルがいらっしゃる。

勝手に書いてしまって、その方の意に沿わない内容になっていないといいのだが。

というか、ドトールコーヒーショップさんにも怒られないといいのだが。 

 

夏は少し現実逃避が多くなるかもしれない。

読みたくない皆様には申し訳ないが、これが私である。

 

日が暮れてからかなり涼しくなってきた。

冷房の温度を直さなくては。

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク