web
stats

山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

竹内結子さん死去 あまりのショックに茫然…

竹内結子さん あなたが大好きでした

 

一輪の花

 

聴覚異常になり、しばらくテレビから遠ざかっていた私。

竹内結子さん出演ドラマで最後に拝見したのは、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』であった。

 

こうして書いているのは自分を落ち着かせるため。

鬱(うつ)に引っ張られないようにするため。

 

今になっては観ていない作品の方が多くなってしまったが、少しだけ語らせていただく。

 

 

スポンサーリンク

 

 

竹内結子さんのプロフィールと出演作品

 

プロフィール

 

生年月日 1980年4月1日

出身地 埼玉県

血液型 A型

身長 164cm

趣味 読書・映画鑑賞

  

出演作品

 

1996年 10月新・木曜の怪談「サイボーグ」フジテレビ

 

1997年 5月「いいひと」フジテレビ・9月shinD「夏の忘れもの」日本テレビ

 

1998年 1月映画「リング」東宝・7月「凍りつく夏」日本テレビ・8月「せつない~線香花火~」テレビ朝日※第19話・8月NTVSPECAL’98「あぶない刑事フォーエヴァー」日本テレビ・9月向田邦子ドラマスペシャル「寺内貫太郎一家'98 秋」TBS・10月「なにさまっ!」TBS・12月映画「イノセントワールド」東北新社・ゼアリズ※主演

 

1999年 4月「ロマンス」読売テレビ・5月映画「ビック・ショー~ハワイに唄えば~」東宝・10月朝の連続テレビ小説「あすか」NHK※ヒロイン


2000年 7月「Friends」TBS・8月2000年ドラマスペシャル「百年の物語」TBS※第2話・10月「スタイル!」テレビ朝日

2001年 1月「白い影」TBS・04月「ムコ殿」フジテレビ・10月「ガッコの先生」TBS

2002年 4月「ランチの女王」フジテレビ※主演

 

2003年 1月映画「黄泉がえり」東宝※日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞・

4月映画「星に願いを。」東宝※主演・4月「笑顔の法則」TBS※主演・12月「ワルシャワの秋」関西テレビ※主演


2004年 1月「プライド」フジテレビ・6月「天国の本屋~恋火」松竹※主演・10月「いま、会いにゆきます。」東宝※主演

2005年 1月「不機嫌なジーン」フジテレビ※主演・10月映画「春の雪」東宝※日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞

 

2007年 6月映画「サイドカーに犬」ビターズ・エンド/CDC・9月映画「クローズド・ノート」東宝・10月ショートムービー「ショコラの見た世界」・12月映画「ミッドナイトイーグル」松竹


2008年 1月「薔薇のない花屋」フジテレビ・2月映画「チーム・バチスタの栄光」東宝

 

2009年 3月映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」東宝・11月映画「なくもんか」東宝


2010年 1月映画「ゴールデンスランバー」東宝・6月映画「FLOWERS」東宝系・7月「夏の恋は虹色に輝く」フジテレビ・7月最新海外ドラマシリーズ「FLASHFORWARD」・11月スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」フジテレビ

 

2011年 1月映画「僕と妻の1778の物語」東宝・10月映画「はやぶさ/HAYABUSA」20世紀フォックス映画・10月映画「ステキな金縛り」東宝系


2012年 1月「ストロベリーナイト」フジテレビ※主演


2013年 1月映画「ストロベリーナイト」東宝※主演・3月「チープ・フライト」日本テレビ※主演・10月「ダンダリン 労働基準監督官」日本テレビ※主演・12月「大空港2013」WOWOW※主演


2014年 1月松本清張ドラマスペシャル「黒い福音~国際線スチュワーデス殺人事件~」テレビ朝日・8月舞台「君となら」※主演・10月映画「ふしぎな岬の物語」東映


2015年 1月「上流階級~富久丸百貨店外商部~」フジテレビ※主演・2月「復讐法廷」テレビ朝日・6月「かもしれない女優たち」フジテレビ※主演・7月映画「インサイド・ヘッド」ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン※声優・11月「世にも奇妙な物語 25周年記念! 秋の2週連続SP・映画監督編『箱』」フジテレビ


2016年 1月大河ドラマ「真田丸」NHK・1月映画「残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-」松竹※主演・5月映画「殿、利息でござる!」松竹・6月映画「クリーピー 偽りの隣人」松竹/アスミック・エース

2017年 1月「A LIFE~愛しき人~」TBS

2018年 3月「イノセント・デイズ」WOWOW・4月「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」Hulu・HBOアジア※主演・5月映画「コンフィデンスマンJP」東宝・
5月映画「長いお別れ」アスミック・エース・10月映画「旅猫リポート」松竹・11月映画「決算!忠臣蔵」松竹


2019年 1月「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」フジテレビ※主演

 

 

写真集・エッセイ等

 

1998年 ファースト写真集「たけうち」ぶんか社  

たけうち―竹内結子写真集

たけうち―竹内結子写真集

  • メディア: 大型本
 

  
2004年 エッセイ「ニオイふぇちぃ」ぴあ 

ニオイふぇちぃ

ニオイふぇちぃ

  • 作者:竹内 結子
  • 発売日: 2004/06/04
  • メディア: 単行本
 

 
2006年 エッセイ「ニオイふぇちぃ2 カロリーオフ」ぴあ

ニオイふぇちぃ2 カロリーオフ (ニオイふぇちぃ (2))

ニオイふぇちぃ2 カロリーオフ (ニオイふぇちぃ (2))

  • 作者:竹内 結子
  • 発売日: 2006/03/29
  • メディア: 単行本
 

 
2007年 フォトブックタヒチ旅日誌「たびぼん」SDP

 

スポンサーリンク

 

 

驚くべき作品数 売れっ子で多忙だった竹内結子さん

 

なんという作品数であろうか。

ドラマ3クール連続出演にも圧倒されるが、映画が多いことにも驚く。

 

太字にした作品は私の記憶に残っている作品。

 

でも記憶が一番あやふやな時期でもあり、もっと観たはずなのにタイトルが思い出せないものが多い。

 

『リング』で観たのは松嶋菜々子さんが主演のものだった。

映画がテレビで放送された時は必ず観ていたので、竹内結子さんは貞子の犠牲者の一人だったかもしれない。

 

『いいひと』と『黄泉がえり』は草彅剛さん主演、『白い影』は中居正広さん主演、『プライド』は木村拓哉さん主演、『薔薇のない花屋』は香取慎吾さん主演の作品である。

 

演技力のある女優であることは知っていたが、特に野島伸司さん脚本の『薔薇のない花屋』で見せた彼女の演技は、壮絶なまでに素晴らしかった。

それは、はっきり憶えている。

 

スポンサーリンク

 

 

本人にしかわからない心 本人にしかわからない真実

 

以前、三浦春馬さんの件で、お名前は出さなかったが、私はこんな記事を書いた。

 

www.yamauba.work

 

該当する部分だけ以下に引用する。

 

ここで生死観を語るつもりはない。

単なる私の心の動きの記録である。

 

ショッキングなニュースが飛び込んできたのも、また土曜日。

あの日の私はとても平静とは言いがたかった。

 

俳優と従弟の共通点は若かったことと、自ら死を選んだということ。

以前も書いたと思うが、私は従弟の件にただならぬショックを受け、具体的な理由や状況などをまだ聞けずにいる。

 

母方の一番末っ子の可愛い従弟。

起こった事実の何もかもが受け入れられなかった。

母が亡くなる半年ほど前の出来事である。

想起させた若く美しい俳優の他界は、従弟の件に少しだけ整理をつけさせてくれた。 

 

本人しか知りえない心。

 

本人しか知りえないものを憶測しても無駄でしかない。

 

悲しみ。

嘆き。 

落ち込み。

虚無感。

 

取り残された側は感じるままに感じればいい。

意味など要らない。

存在しない。

 

従弟のことを、私はそろそろ受け入れようと思う。

 

別の人物に個人的な思いを重ねていたので、お名前を出さなかったのだ。

赤字にした部分は今回にも当てはまる。

 

どう感じ、どういう感情が生じようと個人の自由。

悲しみたい人は悲しみ、怒りたい人は勝手に怒っていればいい。

どうせ他人事なのだから。

 

でも遺族を傷つける行為だけはしないでほしい。

私が言えるのはそれだけだ。

 

スポンサーリンク

 

 

あとがき

 

本来はこのような記事を書きたくはないのだが、常軌を逸するほどのショックを受けたので自分のために記した。

これが竹内結子さんのためになるなどとは思っていないし、自分が正しいとも思わない。

 

ただ悲しいのは本当のことだが、これも私にしかわからない真実。

 

誰もが日々、死と隣り合わせで生きている。

彼女の選択を裁く権利は誰にもない。

 

それではまた。

 

ランキングサイト

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】