山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

ニコチン0の電子タバコJUULで禁煙始めてみた【レビュー】

ニコチンなし! 安心の電子タバコJUUL専門販売店

 

電子タバコ JUUL レビュー

 

今回は話題の電子タバコ『JUUL』をご紹介する。

アメリカではシェアの75%を占め、売り切れ続出で規制が入るほどの人気を誇る。

 

アメリカのカートリッジにはニコチンが含まれているが、日本で独自の開発をすることにより、タール・ニコチン0のカートリッジ生産が実現!

 

実は私は喫煙者であり、本気で禁煙したいと思っているのに失敗続きである。

だから電子タバコには常々興味を持っていた。

 

たばこの値上げ続きや規制によって喫煙者は減ったものの、やめたいのにやめられないやめるキッカケを失ってしまった等、私と同じような悩みを持つ人も多いはず。

 

本レビュー記事が、禁煙したい人、本数を減らしたい人、ご家族に喫煙者がいる人などの参考になれば幸いである。

 

 

  

ニコチンなしの電子タバコJUUL! 注文から到着まで

私が今回利用した販売店は 世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸! 【BeyondVapeJapan】  の原宿店である。

ネット通販でこのセットを注文をした。

 

  

電子タバコデビューなので、選んだのはスターターキッドの『JUUL本体 + JUUL本体対応 altpodsスターターキット(1箱付き)』6,980円(7月19日現在は5,584円

  

こちらはポストに投函される形式なので、配達時間などの調整は不要だ。

注文した翌日に到着したと記憶している。

平日の午後3時までの注文ならその日に発送らしいが、私が注文したのは夕方だったので、翌々日到着だとばかり思っていた。

 

対応に柔軟性があり好印象を覚えた。

 

ポストに投函されていたのはこちらである。

到着時 梱包

 

ページの都合上、横にして撮影した画像。

縦は約25cm、横は約19cmと小ぶりなパッケージである。

とても軽く、弾力性がありながらもみっしりした感触が、梱包が厳重であることをうかがわせた。

 

迅速で柔軟な対応 Good! 梱包も Good! である。

 

 

ニコチンなしの電子タバコJUULと初対面

 

早速、中のものを全部出してみた。

到着時の内容の確認は必須である。

中のもの

 

入っていたものは次の通り。

  • 納品書(画像左上)
  • JUUL本体とUSB充電器入り1箱
  • ポッド4種入り1箱
  • 他商品や店舗情報が記載された2つ折りの用紙(画像右端)
  • 本体の箱の中に3つ折りの英語の説明書 
  • 店舗のシール(左の箱の上に透けて見えているもの)

 

注文通り。 

 

箱に入っていた英語の説明書というのはこちらである。

英語の使用書

 英語の使用書

 

図を見ればわかる程度に取り扱いはとても簡単そうだ。

他の電子タバコは知らないが、手間がかかり、手入れが面倒だとよく聞く。

 

エアーシートに厳重にくるまれていた箱2つを出してみた。

デバイスとアドバンスの箱

 

それぞれの箱を開けた状態がこちら。 

箱を開けた状態

  

まず、左側のJUUL本体とUSB充電器を取り出してみよう。

カートリッジ式デバイス(USB)

 

下になるUSB充電器(チャージャー)はマグネットになっており、簡単に本体にくっついた。

このまま縦にしても置ける。

 

チャージャーのキャップをはずした画像はこちら。

USBデバイス

 

では早速、充電してみよう。

 

 

JUUL本体の充電とモバイル充電器について

 

USBアダプターなら何でもいいのだが、私は身近なパソコンから充電。

充電中

 

お見苦しい画像で申し訳ない。

ご覧のように青白い光が灯っているが、点滅(ついたり消えたり)している間は充電中という意味である。

 

1時間ほどすると、緑色の点灯(つきっぱなし)に変わって充電完了となる。 

充電完了

 

JUULをケースに入れるだけで充電可能なモバイル充電器

パソコンを持っていないし、他にUSBアダプターなどないという人は、別売りのモバイル充電器の購入を検討してみていただきたい。

 

持ち歩きに便利なケース型になっており、そこにJUUL本体を入れておくだけで充電されるという優れもの。

それには予めケースに充電が必要で、USBケーブルとセットで販売されているものがあるのだ。

  

公式サイト 【BeyondVapeJapan】  のカテゴリ一番上「JUUL関連商品」をそのままクリックすると、「モバイル充電器」(現在売り切れ中)もしくは「携帯充電器」(2,384円)と表示されるのがそれである。

ネットで売り切れ中となっていても店舗にあれば購入可能なので、是非チャレンジしていただきたい。

仕入れされれば売り切れ中の表示もなくなる。 

 

コンセントとUSBを繋ぐケーブル、そしてモバイル充電器のセットは、パソコンを持っている人でも欲しいと思うのでは?

 

さて、次はもう最後の作業である。

 

 

ニコチンなしのJUUL本体にポッドを装着 

まずはポッドを選択する。

リキッドアドバンス

 

箱の絵柄とは異なるが、左からグレープフルーツ・ミント・パイナップル・タバコの順に並んでいる。

箱に書いてあるように液体のリキッドなので、吸うのも吐くのも水蒸気。

こちらもタール・ニコチンなしなので、ご家族がいる部屋で吸っても害はない。

 

では、本体に装着してみよう。 

ミントを選び、カバーをはずした状態がこちら。

アドバンス実装準備

 

緑色の方がカバーで、装着するカートリッジは黒い方である。

JUUL本体のキャップの役目をしていたのは白い紙で作られたもの。

 

黒同士をはめるだけなので迷うこともない。

アドバンスを実装した状態

 

カチッとポッドがはまり、これで作業はおわりである。

実に簡単。

 

装着したポッド側が吸い口になる。

この状態で長さ9.4cm、幅1.5cm、重量は50gと、軽量でコンパクト

手のひらにおさまる感じでまったく重さを感じない。

 

JUUL本体ランプ付近の側面をとんとんと2回タップすると光が灯り、充電の残りがどれくらいかを教えてくれる。

緑なら50~100%、黄色なら25~49%、赤だと25%以下

楽しくて、充電したばかりでもついタップしてしまう。

 

充電は簡単で Good! 取り扱いも簡単で Good! 

 

  

ニコチンなしの電子タバコJUULの吸いごたえは?

私は電子タバコは軽いものだとばかり思っていた。

でも驚いたことに、このJUULは本物の煙草並みの吸いごたえがある

しかも水蒸気の量も多く、吐き出す感覚にも視覚的にも満足感を覚えた

 

だからといって、一気にこれからは電子タバコ! 禁煙! となるまでには至らず。

依存症の私は、本数を少しずつ減らすことから始めた方がよさそうだ。

これはJUULではなく私自身の大きな課題である。

 

4種のボッド どれくらいもつ? 吸い心地は

1ポッドの使い切りの目安は吸い込み200回で、吸う強弱の個人差によって回数が若干異なる。

自分が1本で吸う回数と、一日に吸う本数を数えてみれば、おおよその使い切り日数は計算できるかと思う。

 

さて、ここからは私個人のポッド別の感想である。

 

ミント

煙草が高くなる以前、私はずっとメンソール系を吸っていたので、似たフレバーのミントから吸い始めた。 

メンソールとは違うものの、なんと爽やかで落ち着いた吸い心地か

気分がよくて満足感があり、JUULだけを頻繁に吸ったおかげで2日でボッドは空になってしまった。

でも2日、プチ禁煙成功となったわけである。 

 

グレープフルーツ

実は柑橘系が苦手な私はおそるおそる吸ってみた。 

あれ? 嫌な感じが全然しない…と驚いたが、それもそのはず、食べるわけでなく水蒸気の香りを吸うわけだから。

しかも香り自体が控えめで、フルーツ系では一番薄味なのでは?と思ったほどである。

ミントの次に選んだが、煙草と併用しているので5日過ぎてもなくならない。

 

パイナップル

味見程度に吸ってみた感想だが、予想通りの甘さがあった。

でもそこまでパイナポーパイナポーしていない。

安心感のある甘さと程よい後味

これなら飽きずに吸い続けられそうだ。

グレープフルーツの次に吸うつもりなので楽しみである。

 

タバコ

パッケージを開けた瞬間からの強烈さから嫌な予感はしていた。

あくまで個人的に率直に言わせていただくと、おいしくなかった

ニコチンなしで煙草を楽しめる上質な大人の味わい、というような説明が書いてあったが、私は年齢的にかなりの大人で何年もエコーを吸っている。

一番安価な煙草なので上質ではないとしても、苦くて結構きつめの味だ。

その私が味見だけでギブアップした。

でも個人的に合わないだけで、この味を好む大人の皆さんもいるだろう

(※後日吸ってみたら普通に吸えた)

 

ニコチンなしのリキッド入りポッド 他の種類は?

上で述べた4種以外のポッドの種類を紹介しよう。

 

メンソール

一番人気と言っても過言ではない。

スースーした爽快感と後味のひんやり感が最高である。

夏場には特にぴったり。

 

ベリーズ

ブルーベリー・ラズベリー・ストロベリーの甘酸っぱさが女性に人気。

こちらも後味感のすっきりさがポイント。

 

マンゴー

甘さ控えめのマンゴーに爽やかなトロピカルフルーツを足したフレバー。

常夏感の中に清涼感もあり大人気。

 

モカ

上品なモカの香りと酸味をチョコミルクで調和したフレバー。

一息つくならカフェモカフレバーが最適。

 

これで全8種。

私はこの4種も注文済みである。

コーヒーで一番好きなモカがあって嬉しかった。

到着が楽しみだ。

 

 

ニコチンなしの電子タバコJUUL 買うなら今!のワケは

なんと、原宿店が8月いっぱいで閉店となってしまうのだ。

その後もネットでは買えるだろうが、現在、実店舗閉店謝恩セール開催中!である。

期間は8月31日まで。

 

私が購入したスターターキッドが更にお得になっている理由でもある。

 

6,980円5,584円(7月19日現在)

 

電子タバコJUULにはアクセサリーも多い

シリコンケースやシリコンホルダーにネックレス、既存のポッドに組み合わせて使用するパフクラッチまで、ほとんどの製品がセール対象品となっている。

 

今、公式サイトを確認して、また欲しいものを見つけてしまった。

どうせ始めるのなら、このお得な期間を利用しない手はない。

 

他の電子タバコではダメだったという人にも是非、試していただきたい。

 

 

あとがき

私自身がニコチン依存症ということもあり、今回のレビューには必死な思いを込めたつもりである。

読者様に伝わっていないとしたら、それは私のつたなさに他ならない。

 

でも禁煙したいという気持ちは本物である。

 

電子タバコは初めてなので、比較できないのが難だったけれど、使い方がシンプルで説明しやすかった。

  

同じように禁煙を目指す方々への注意点としては、禁煙をストレスにしないこと

1本ずつでもいい。

本数を減らすところから始めようではないか。 

 

実は先ほどグレープフルーツのポッドが空になり、パイナップルに変えたばかり。

ポッドが減る分、確実に吸う煙草の本数は減ってきている。

私ができることは皆さんもできるはず。

 

最初のミントでプチ禁煙はできたが、その後は煙草が吸いたい時は吸い、たまに1本分を電子タバコJUULを吸うことにした。

我慢の連続はストレスになり、よい結果を生まないと思ったからである。

焦らずにいこうではないか。

 

このレビュー記事が、どうか皆さんの参考になりますように。

それではまた。

 

6,980円5,584円(7月19日現在)

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ