山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

過眠で失敗・父の幻覚・不登校の子を持つ親御さんたちへ

木彫り カエル 大小

うちの木彫りのカエル2匹

 

またアイコンを変えてみた。

前回は無料アプリのお世話になったが、今回はほぼ自作。

 

モノトーンでカッコつけてみたりして。

 

さて、今回は闘病記録らしく、自分や家族のことを記しておきたい。

不登校についても少し。

 

では目次から。

 

 

過眠に油断してブログ投稿ならず


実は昨日ブログを更新する予定だった。
しかしながら、書き始めてすぐに睡魔に襲われ、その後朝まで眠ってしまった。
いつもの睡眠障害の過眠である。

 

天気は雨で最悪だったが、日中はまだ気分が良かった。
でも夕方、ちょうどブログを書き始めた頃、蒸し暑さに耐え切れずクーラーを使ったのである。
涼しさで身体も楽になり、気分良くブログが書けると思った。

 

でも身体が楽になった途端、いつものあの睡魔がやってきた。


悔しさのあまり Twitter で吠えてから眠ったと思う。

 

普通に7~8時間眠り、 5~6時間起きていて、それから10時間近くの睡眠である。
少しだけ寝るつもりだったので夜の薬も飲んでいない。

一晩くらいならいいかと、起きてからは朝の薬を飲んだ。

 

私が思い出したのはあの震災の年、自家中毒になった時のことである。

 

同じように毎日雨が続き、ひどく蒸し暑かった。
一日中、汗が滝のように流れ、 頭はぼーっとして息苦しく、生きた心地がしなかった。

 

今年は梅雨寒かと思っていたのに、それも1日か2日のこと。
後はずっと蒸し暑い雨の日が続いている。

 

急なひとり介護もあって疲れていたせいもあるだろう。


梅雨になってから、初めて身体がしんどいと思った。


その時からもう眠気はあったものの、若干弱かった気がする。

 

クーラーを使ったのは、倦怠感が表れ始めたからだ。
このままでは動けなくなるという危機感。

 

実際に経験したことがあるので、半ば恐怖に駆られてクーラーをつけたようなものだ。

 

昔、母が言っていた。
人の身体にもっとも堪えるのは、厳しい夏でも冬でもなく、梅雨時だと。

 

十分な水分補給など、皆様もどうかご注意願いたい。

 

スポンサーリンク

 

 

 

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

認知症の父の幻覚、今回は…

起きて1階へ行くと父の声がした。
誰かに話しかけているようだったので、てっきり私の足音を聞いて呼んでいるのかと思い、返事をしながら様子を見に行った。

 

すると…相手は私ではなかった。

一人で何やら商談をしている様子。

また幻覚だとは思ったが、一応確かめてみた。

 

父が言うには、5人くらいの女性客が目の前にいて、品物を見ているのだという。

確かに父の布団の上に、いくつかの商品が置いてある。

女性たちは皆大人しくて、なかなか欲しいものを選ばないらしい。

 

前回は私が一人一人をお見送りしてお帰り願ったが、 今回はこのままにしておく方がいいと思った。

女性客も皆いい人たちだと言うし、何より父が楽しそうなのだ。


客商売をしていてお客様を無理に帰すわけにはいかない。

それが父の幻覚であってもだ。

 

ブラザーが起きる時間も近かったので、私は2階へ戻った。

 

薬を変えてから怒りっぽくなくなったことは、とても助かっている。

幻覚の症状はこのまま続くのか、いつかなくなるものかはわからない。

 

でも楽しいのならいいのでは…と思うのだ。

 

もちろん嫌な幻覚だったら私が振り払う。

憶えていないだろうが、父にもそう言った。

 

親が長生きすれば、誰にでも親を守る日は訪れる。

自分に守る余裕がなくてもだ。

 

去年の晩夏、私は父や叔母に対する恨みつらみをここに連ねていた。

今はほとんど下書きに下げている記事たちである。

 

しかしこの頃、その感情が少しだけ薄くなってきたような気がする。

 

だから気持ちや体が楽になってきた気がするのかもしれない。

 

恨むのは辛い。

憎むのも苦しい。

 

簡単にはすべてはなくならないけど、徐々にもっと楽になっていけたらと思う。

  

スポンサーリンク

無料で使える「クラウド請求管理サービス Misoca」

   

「あれ何だっけ」、ちかごろ「?」と感じたら。

  

 

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

  

ダイソン公式オンラインストア

 

 

不登校の子を持つ親御さんたちへ

 

今までブログで何度か書いているが、私は中学・高校と不登校を経験している。
まだ登校拒否と言われていた時代だ。

 

現在では不登校への理解も深まり始め、 不登校をする子にも様々な道が開かれている。
ただのサボり魔としか思われなかった私の時代とは大違いだ。

 

そんな私が一番つらかったのは自分が責められることではない。
親戚一同から母が責められることだった。

 

そして何より、母自身が罪悪感を覚えていたことである。

 

当初、私は母が責められていることを知らなかった。
知ってからは怒りと悲しみだけが心を占めた。
母は関係ない、私自身の問題なのに、なぜだと。

 

私を失敗作のように評することで、母だけでなく私も傷つけていることなど、親戚たちは誰一人気づいてはいなかった。

 

生まれ育ちは確かに人格形成に影響を及ぼすが、子どもは親の作品ではない

それに生まれ育ちという環境には、多かれ少なかれ親戚たちも含まれているものだ。


その責任をすべて母に被せようだなんて理不尽でしかない。

 

不登校の子を持つ親御さんたちに、私が一番伝えたいこと。

 

それは、子どもも自分も責めないでほしいということだ。

子どもの行動のすべてには理由がある。
私がそうだったように、しばらくは誰とも話したくないという子もいるかもしれない。

 

きっといつかはわかる。
その子の行くべき道が。

 

そして子もいつかはわかってくれる。
親がどんな思いで見守っていてくれたかということを。

 

私は残念ながら親に理解されなかったが、大人になり親の気持ちを理解することはできた。


どうか焦らずに。

 

しっかりと見守ってさえいれば、親が手を差し伸べるべき時がいつなのか、そうとわかるものではないかと私は信じる。

 

子自身にも皆等しく人格があり、家庭の事情も違えば奇麗ごとに聞こえるかもしれない。

でも決して私は軽い気持ちで書いているわけではないのだ。


一番苦しんで悩んでいるのは子であるということ

それだけは忘れないでいていただきたい。

 

以上が私からのお願いである。

 

 

あとがき

 

不登校に関しては賛否あると思う。
自分はこう思うという方は、お気軽にコメントをいただきたい。

 

今回はいつものように私らしくと思ったのだが、また真面目なブログになってしまった。
本当はもっとふざけたい性格である。

 

今一番何がしたいかというと、5月の画像特集をしたい。
それには前のパソコンを直す必要がある。

 

そう、前のパソコンにはまだ手付かずなのだ。

 

昨日は失敗してしまったけれど、近頃の私は優先順位を決めて生活するようにしている。
でもそう簡単には慣れない。
いつも前のパソコンにたどり着く前に寝てしまう。

 

それに最近、 Twitter に力を入れるようになってからアクセス数が増えた。
今まではただブログの更新情報を載せる程度だったが 、Twitter 上での動きを活発にすることで、ブログ宣伝につながる有益なコンテンツだと気づいた。

ほとんどのブロガーさんたちが、今更? と思うだろう。

 

後は note の活用法である。
私はほとんどをブログに書いてしまうので、今まではどう活用していいかわからなかった。
でも様々な活用の仕方を知って、下書きに下げた記事をそちらへ移そうかと考えている。

 

まあ、やるとしてもまだ先のことだ。
他に優先すべきものがたくさんある。

 

それではまた。

 

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】

 

ランキングサイトに参加しています。

よろしければ応援お願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

  

にほんブログ村からお越しの方は

こちらより読者登録が可能です。 

山姥の戯言日記 - にほんブログ村