山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

『麒麟がくる』18回 光秀越前入り 信長の悲しい目「愚か者」

第18回「越前へ」ネタバレ感想 新出発と織田兄弟 新キャスト続々!

  

『麒麟がくる』18回 光秀越前入り 信長の悲しい目「愚か者」

 

明智十兵衛光秀(長谷川博己さん)の他に気になった人物

  • 織田信長(染谷将太さん)
  • 織田信勝(木村了さん)
  • 伊呂波太夫(尾野真千子さん)
  • (門脇麦さん)
  • (石川さゆりさん)
  • 朝倉義景(ユースケ・サンタマリアさん)
  • 柴田勝家(安藤政信さん)

 

前回で一度燃え尽きた私だったが、今回は予告にあった通り、駒の命の恩人がわかり、なんと伊呂波太夫の正体までわかるという意外性を喰らい、目が覚めた。

 

それにしても出演者のクレジット、「幼い光秀」はわかるけど「光秀の父」はあれで正解なのか?

「明智光綱」という立派な名を持ち、ドラマ内でも何度も名前が出たのに。

ちなみに「光秀の父」尾関伸次さん「幼い光秀」五十嵐陽向さん

 

本編感想の前に、まずは目次から。

 

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫ 

 

業界最狭水準のスプレッドで提供中!

初心者にもオススメ! 

  

落ち延びる光秀一行の前に駒と菊丸、伊呂波太夫も登場

尾張へ逃げようとする光秀たちのもとに、いきなり駒と菊丸が合流。

しかも尾張への道は敵がふさいでいるという情報まで持って。

 

駒と煕子(ひろこ:木村文乃さん)の対面を楽しみにしていたのだが、どさくさ紛れというか、それどころではない状況での対面となった。

 

  

そして武蔵坊弁慶のごとき屈強な僧兵を従え、伊呂波太夫も登場。

予告で観ていたのでインパクトはなかったけど、太夫はどんな場でも艶やかでカッコいい。

 

菊丸は太夫のことを知っていそうで、気まずそうな会釈に見えた。

太夫も太夫で菊丸が気になった様子だけど、それも一瞬のこと。

 

駒に指示、光秀に越前に行くのは明日と告げると、自分は食べ物を探しに行くと。

 

アウトドアもいけちゃうなんて、どんだけ守備範囲広いの。

山奥であれだけ大人数の食糧を調達するってんだから。

知ってる場所みたいだから、何か売ってくれる猟師とか農家とか山菜取り名人のおじさんとか、当てがあるのかもしれないけど。

明智家の女中さん?も持てるものは持って来ているとしても、しばらくは厳しいサバイバル生活だね。

 

そして煕子が怪我をしていると知り、バッと近づく光秀がよかった。

 

この夫婦、台詞ではあるんだけど、こういう具体的な描写がまだ少ないせいか、夫婦感がいまいち浅い気がするのだ。

まあ、その方が光秀らしくていいのかな。

 

あれ、菊丸はこっそり駿河に帰っちゃうんだ。

若殿のもとに早く帰りたいのはわかるけど、太夫と長く一緒にいたくない理由でも?な~んて穿(うが)ってみちゃったりして。

 

光秀に駒への愛のメッセージを託す菊丸。

照れ笑いが可愛い。 

光秀の眼差しが優しい。

 

またしばらくお別れかな。

頑張れ、岡村さん!

 

スポンサーリンク

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

 

大きな手の人 

やっと、駒が命の恩人が誰かを知る時がきた。

怪我の手当てをしてもらった煕子が、素朴な疑問を尋ねる。

 

煕子が今までで一番可愛く見えた。

このツーショットもめっちゃ癒し系である。

 

駒が「麒麟」の話をし始めた途端、牧が顔色を変えて身を乗りだす。

石川さゆりさんも門脇麦さんも、なんて自然な演技で惹きつけてくれるのだろうか。

 

 

恩人が故人であることにショックを受けて泣きじゃくる駒。

生前の夫がずっと気にしていた娘だと知り、母親のように抱き締める牧。

 

やっぱり駒を泣かせたくなくて言えなかったんだね、光秀。

2人を見つめる胸に去来する思いは何なのだろうか。

 

  

静かに一夜の宿となる空き家の外へ出た光秀は、叔父の光安(西村まさ彦さん)より授かった明智家の旗印を広げる。

父の言葉と思って聞けと言い、光安が遺した言葉が光秀の胸によみがえった。

 

すべてを失い、ゼロどころかマイナスからの再出発。

 

それでも光秀の心は折れてはいない。

眼には強い光が宿っていた。

 

スポンサーリンク

浸透テクノロジーで若返る サイエンスコスメb.glen

  

朝倉義景初登場と伊呂波太夫の正体

光秀一行はいよいよ越前へ入った。

さあ、いよいよ朝倉義景が初登場だ~。

 

ピンクの羽織とチャーミングなお髭が果てしなくファンシー。

 

 

ユースケ・サンタマリアさんらしい親しみやすさあふれるコメントである。

確かにやたら広い広間で、光秀はやたら遠くにいたね。

 

彼もまた巧みな役者さんだ。

コメディからシリアスまで、どんな役でも違和感なくこなせてしまう。

このドラマではどんな人だろうか。

 

と、そちらに気を取られていたら、いきなり伊呂波太夫の出自が明らかに

なんっつう急展開。

 

伊呂波太夫の正体は公家の名門、近衛家の娘であった。

かなり身分の高~いよんどころのない姫君にあらせられる。

 

う~む、目は義景のビジュアルに釘づけだし、急過ぎて頭がついていけない。

 

義景の奥方は太夫の姉(?)ってことらしい。

公家の「家出娘」って、家出が本当だとしたらたいしたタマだけど、太夫は何かを担っている人だと思うんだよなあ。

後の家康の子供時代を見守る菊丸みたいな……。

 

足利義輝様(向井理さん)守り隊? だから情報集め隊? というのは直球過ぎるだろうか。

ありがち設定だと、許嫁(いいなずけ)を勝手に決められて家出し、憧れの将軍様を守るために……とも思ったけど、年齢的に微妙かな。

だいたい公家の方が身分が上だし……いや、だからこそ……。

 

失礼致した。

つい、妄想が膨らんでしまった。

戦国オンチは黙って今後の成り行きを見守ろう。

 

そして久々に細川藤孝(眞島秀和さん)の名が!

さすがは光秀の真の友。

頼りになりまするなぁ。

再会はいつになることやら。

 

それにしても義景の台詞回しや間が非常に面白い。

立派なお方だろうに、平穏な国のお気楽な殿様という雰囲気が出ている。

くれてやると言われた金をも断る真面目な光秀との対照が際立っていてよかった。

 

光秀が帰った後、座っていた場所を雑巾がけさせる義景の言い方。

 

「うむ……もっとえぐるように拭こう」

 

えぐるようにって、そんなに光秀汚れてた? という笑いどころなんだけど、ユースケさんだと現代口調も気にならない。

不思議で特異なキャラクターの持ち主だ。

 

菊丸もシリアスだし、明るい秀吉(佐々木蔵之介さん)もまだ出てこないし、義景は光秀の暗い時代を描く上で、絶妙なアクセントになりそう。

  

 

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
■お名前.com

   

馬は誇り高き生き物ぞ

光秀が渡した数珠ではなく、自分の帯を質に入れた煕子。

帯の代わりはあっても光秀の父の形見に代えられるものはない。

 

できた嫁さんである。

笑顔でそう言う煕子を見つめ、駒も吹っ切れたように穏やかに微笑んだ。

長い片思いにようやくケリがつけられたようだね。

 

よーし、頑張れ菊丸!

後は任せたぞ!

 

話題はガラリと変わり、明智光綱という哲学者が遺した言葉たち。

 

まずは牧に語った言葉。

 

人には浮き沈みがある。

武士には勝ち負けがある。

沈んだ時にどう生きるか、負けた時にどう耐えるか。

その時、その者の値打ちは決まる。

 

続いて、幼い光秀に語った言葉。

 

十兵衛、馬は誇り高き生き物ぞ。

勝っても負けても、己の力の限り走る。

遠くへ。

それが己の役目と知っておるのじゃ。

我らも、そうでありたい。

誇り高く。

誇り高く…。

 

幼い光秀、ちゃんと理解して記憶していたとは、さすがに賢い。

武士道についてはよく知らないけど、正しい人の道を説く父とでもいうか……もっとぴったりな気の利いた表現があるはずなのに、私の頭では思い浮かばない。

申し訳ござりませぬ、光綱様。

 

光秀って父親のことを語らない人だなと思っていたから、思い出話が聴けて嬉しかった。

もしかしたら、父との思い出話は初出かな?

 

そして駒ともお別れの時がきた。

 

 

今度はいつ会えるんだろうね。

駒の行動力のすごさなら、光秀がどこにいてもすっ飛んでいけそう。

なんたって綱渡りでバク宙できちゃう人なんだから。

 

望月東庵先生(堺正章さん)はまだ駿河だったっけ?

駿河なら、菊丸はまた駒と会えるね。

 

今生の別れのような挨拶だったけど、きっと最後まで縁はつながっているよ。

 

スポンサーリンク

ダイソン公式オンラインストア

  

信長と信勝 哀れで愚かな似た者兄弟

さて、尾張では安藤政信さん演じる柴田勝家も初登場だ…よね?

 

ポップなお殿様を見た後だからか、立派なお髭のせいか、すんなり勝家に見えた。

ガッチリ系じゃない優男で、甘いマスクの勝家、カッコいいじゃな~い。 

 

なかなか出てこなくて忘れてたけど、信勝の側近だったんだね。

 

命がけで信勝の謀反の企てを伝えにきた勝家に、魂を込めた言葉で応じる信長。

 

予告で別人に聴こえた台詞だけど、放送を観たら普通に信長の声だった。

やっばり好きだなぁ、染谷さんの声音の奏で方と表情、目の色。

なんか胸の底がざわつくというか、ゾワゾワする感じ。

 

そして、とうとう来てしまったこの場面。

 

 

木村了さんのコメントが素晴らし過ぎて、なんも言えねえ。

あの鬼気迫る兄の目に、弟は悲しみの色を見ながら死んだのだ。

 

哀れ。

愚か者。 

 

前回も何度も聴いた言葉だから、どうしても重なってしまう。

 

「愚か者」と言ったのは、息子に殺された父と、弟を殺した兄。

「皆、愚か者じゃ」と泣いたのは帰蝶。

 

生き残った方が浮かべる悲しい目の色は共通していた。

光綱の言葉とつなげると、戦国の世とは、その者の本性をあらわにする時代でもあったようだ。

 

スポンサーリンク

「あれ何だっけ」、ちかごろ「?」と感じたら。

 

次回予告と新しい出演者の発表!

投稿が遅くなったので、ご存知の読者様も多いと思うが、新しい出演者お三方が発表された。

 

 

今井翼さん、すっかり元気になったのね。

現在は別々の道を歩むタッキー&翼の翼くんですよ。

屋敷大好きな翼くんですよ。

南部鉄器も大好きな翼くんですよ。

 

もしかして、とっくに復帰していたのならごめんなさい。

タッキー(滝沢秀明氏:現ジャニーズ事務所副社長)が『源義経』を演じた時にも出演していたし、また大河ドラマで観られるなんて嬉しい。

 

金子ノブアキさんも桶狭間で暴れしてくれるらしいんだけど、翼くんのコメントを読むと収録済みな感じで、ギリギリ6月7日には観られるのかな。

まだ早い?

 

榎本孝明さんは越前の重臣役なので次回には出るかも。

光秀との絡みが多そうな予感。

 

そして第19回「信長を暗殺せよ」の予告。

物騒なタイトルだけど信長の上洛とあって、京の面々が久々に登場する。と思う。

 

予告は場面の切り替えが鬼のように早いので、松永久秀(吉田剛太郎さん)が話していた相手が光秀とは限らない。

かくまわれている身でそれはないかとも思うが、義景が少し上を見て「京へ行ってくれぬか?」と言っていた相手は、背の高い光秀だと思うんだけども。

 

煕子はおめでたみたいだし、土田御前(檀れいさん)はえ~、ちょっとぉ…な感じ(どんな感じよ?)だし、またあっという間の45分なんだろうな。

 

ちんたら書いてて遅くなっちゃった。

 

最後に一言。

 

 

道三ロス!!! あい あむ 絶賛道三ロス中!!!

 

 

は~すっきりした。

それではまた。

  

スポンサーリンク

  

 

ブログランキングサイト  

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ