山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

2回目のGoogleアドセンス申請は【不合格】原因を考察&嬉しい報告

スポンサーリンク

今日も安定の頭痛に見舞われている山姥。

2回目のGoogleアドセンス審査にあっさり落ちた。

今回は、当然といえば当然の理由を検証してみよう。

【 目次 】

  

まず本日の体調、精神状態の経過から

遠くのなだらかな山並み 初冬

遠くのなだらかな山並み 2019年11月30日撮影

 

頭痛以外の体調は良好。

精神状態も通常の鬱で安定している。いや、安定していてはいかんのかな?

 

昨夜のPL配合顆粒(半量)作戦は失敗に終わった。眠ったのは1時間にも満たない、もしかしたら30分程度だったかもしれない。

結局、また過去記事整理とリライトの続きをした。

 

でもこの作業もいい加減疲れてきていた。

一番言いたいことを書いた大事な記事がまだ1500字前後だが、この疲労感は良くないものだと判断し、一度区切りをつけることにした。

 

受からないだろうと思いつつも眠気もやっと出てきたので、そのままGoogleアドセンス申請。午後まで眠ったが、早くも不合格のメールが来ていた。ショックはそれほどない。

 

それにしても仕事早くない? Google様。

 

Googleアドセンス不合格の理由について考える

思い当たる理由があり過ぎる。

まずは、やはり文字数であろうと思われる。

Yahooブログ時代の1000文字以下のものは迷わず下書き保存に下げ、2000字にできそうな記事はリライトした。

 

問題は1000~1500字辺りの中途半端な記事である。

内容的に下げるのは惜しい。でも2000字に持っていくには主張の根拠となる資料を再調査・精査し、自分の言葉で書けるくらいに理解を深めなくてはならない。今の体調や精神状態ではどう考えても無理である。

 

やはり、死に物狂いで書いたあの記事は一旦下げる必要がある。無念であるが、アドセンス審査に通らなければスタート地点にも立てないのだ。

 

そして他にも懸念がある。ブログの趣旨である。

最初は何でもアリのブログにしようと考えていたが、9月20日うつ病と診断されて治療を開始したことにより、「闘病記録」に特化させることにしたのだ。抗うつ薬サインバルタの効用・副作用などを含め、介護うつ患者の胸の内を率直に書き綴ったもの。

胸の内を晒した記事は読み手を不快にさせる表現も多々あるが、取り繕って善人ぶるつもりなど毛頭ない。したがって、批判される覚悟を持って書いているような、非常に後ろ向きで危なっかしい内容になることも多い。

それがGoogle様のポリシーに沿わないのであれば、私は永遠に合格しないであろう。

 

更に、「戯言日記」と銘打った闘病記録である。

特化させるといっても日々の出来事も伴った日記の要素も含み、結果として雑記的な印象を与える記事ばかりになってしまっている。これは精神状態による影響もあるので、私自身は闘病記録のうちだと思っているが、読む側はそうは感じないだろう。

 

先日、記事を取り上げさせていただいた権兵衛さん (id:holdambition)は、私と似たような思いでありながらも、しっかりと対策を講じておられる。

 

holdambition.hatenablog.com

 

深く考えさせていただく機会となり、理想的な形だと感じたものの、まだ私にはそこまでできる踏ん切りがつかない。

 

ただ、前回の紹介記事による「noindex」タグの利用。こちらをどうにか上手く真似させていただこうと考えている。

 

holdambition.hatenablog.com

 

そのような次第で、私自身が思いついた不合格の理由となり得る要素をまとめる。

  • 文字数
  • ブログの趣旨とポリシー
  • 特化しているようでしていない・雑多な内容

 

最近はほぼ2000~3000字以上は書いているが、精鋭記事ばかりで合格しても意味がない。

Amazonアソシエイト貼り過ぎ? と思ってやめていたが、それは関係なさそうなので復活させていただく。1ヵ月以上は貼っていないし、毎記事載せていた広告もナシにして損した気分である。

 

というわけで早速スポンサーリンク!

 

 【2019/12/6(金)9:00から2019/12/9(月)23:59まで】今年最後のビッグセール

 ポイントアップキャンペーンも同時開催!

 

自分の判断でしたことではあるが、本当にもったいないことをしていた。 

必死? そりゃ必死っすよ、ダンナ。こちとら無収入が続いてんだから。

 

さて、そんなしみったれた話より、嬉しい話題を一つ。

 

権兵衛さんに感謝された!この私が、私ごときが権兵衛さんに~!!

権兵衛さんファンと豪語した私、わりと本気な感じである。

本日3記事目となる紹介記事は、なんと、権兵衛さんが私に感謝してくださった記事なのだ! もう死んでもいい! うつ患者が言うとシャレにならない! 死なないから安心して!

 

家宝ともなる個人的重要文化財はこちらである。

 

holdambition.hatenablog.com

 

権兵衛さんももちろんのこと、コメントくださる方、スターをくださる方、何もしなくても読んでくださる方、そして大事な大事なこころの「そうるめいと」。

何故にそんなに優しい人ばかりなの? なんでそんなに素敵なの?

 

権兵衛さんは鬱病でもらっしゃるのに、私は紹介記事で「病は違えど」というような表現をしてしまった。権兵衛さんが抱える他の病の方に目がいってしまって、確認を怠ったからである。

ライターとしたらあり得ない。私はもう元ライターと名乗る資格さえないと思った。

 

それなのに優しい世界しか私のパソコンには存在しない。

実はこうしている今も、病院の先生へのわだかまりが消えない。一瞬たりとも心を離れない。今だけ、もう少しだけ、この優しい世界に甘えさせていただきたい。

 

マイドクター、決戦は水曜日よ。

言いたいこと全部メモして行ったる。

そろそろ罪と罰が歌いたくなってきたので、本日はこれにて。

それではまた。

 

スポンサーリンク 

 【2019/12/6(金)9:00から2019/12/9(月)23:59まで】今年最後のビッグセール

 ポイントアップキャンペーンも同時開催!