山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

変化のない安定したうつ&マイブラザー&現実逃避のデジカメ撮影

スポンサーリンク

書き始める時間が遅くなってしまった。

今回は私なりの超スピードで書こうと思う。

では早速。

【 目次 】

 

変化のないうつ状態 本当に改善される日は来るのか

庭の山茶花 さざんか サザンカ

 

うつ状態は相変わらず。

生活に支障を来すほどにはならないので放っておこう。

もしかしたら、これが私の鬱の安定状態なのかもしれない。

こんな状態で安定されても困るんだけどね。

 

ただ頭痛が激しく、数時間前に薬を飲んだ。

今は効いていてどこも痛くない。

 

それにしてもだ。

父がデイサービスに行っているというのに、何の変化もない。

これは初めてのこと。

やはり私のためというより、兄弟の休養日という認識は正しかったようである。

 

正反対だけど同じでもあるマイブラザー

日中、先月のデイサービスの請求額が以前より高く、兄弟が驚いているところへ行ってしまった。10月の水曜日は5回あり、うちは今まで月に4回しか利用したことがない。1回の差のなんと大きなことか。

やはり介護は経費がかさみ、今後は増える一方だろう。支払い額の上限はあるが、出費には実に様々なものがあるのだから。

 

そんなことを考えていた私に、我が家の経済事情を説明し始める兄弟。

 

コレコレ、鬱真っ只中のうつ病患者に追い打ちをかけるつもりかね、キミは。

 

心の中で苦笑しつつも、しっかりと耳を傾ける。

私は、彼が愚痴や弱音を明かせるたった一人の身内である。

本来ならうつ病になっている場合ではないし、家族を養えるほどの甲斐性があってもいい立場の人間なのだ。

 

せめて彼の話はちゃんと聞こう。気持ちだけでも協力的であることを示しておこう。

情けないが、今の私にできるのはそれだけなのである。

暗い話のようだが本人たちはあまり暗くはない。

真逆の性格なのに、人生観が似ているせいかもしれないな。

互いに子がいないので負債などを子孫に残すこともない。

この家は我ら兄弟の代で終わりなのだから。

 

昔は独身というだけで、「寂しいでしょう?」「幸せになりたくないの?」などと平気で価値観を押しつける時代だった。今でもいるのかな? そういう人たちって。

私も兄弟も、人生や結婚観などは深く話し合ったことはないのだが、ちょっと話しただけで互いの価値観が理解ができる。

 

結婚が幸せだと思っていないこと、子どもが嫌いなわけではないが、いなくても寂しくないこと、違うことはわからなくても否定しないこと、そして孤独を愛し大切にしていること。

 

彼にとって「家族」は両親と兄弟で完結していて、それは私も同じだったのだ。

さすがに初めて知った時は驚いた。彼は結婚して新しい家庭を築くものとばかり思っていたから。

う~ん、確かに後から思えば、肉食だった私に対し、彼は草食だったね。

恋愛はしても、その先に結婚は見ない。互いに当時は知らなかったけど、よくそこまで似たもんだ。

 

でも似た価値観だと思っても、中を見てみれば全然違うんだよ。

10年以上離れて暮らしていた時期もあって、その間に積み上げてきたものは互いに違うものばっかりなのに、価値観という完成品になったら瓜二つだったという。

 

これは奇跡ではなく必然。彼は知らないけど、私たちをずっと繋いでいてくれている存在がいるんだ。まあ、メンヘラっぽく妖精さんとでも言っておこうか。

 

マイブラザー、キミは妖精が繋いでくれる戦友みたいなものだよ。

 

珍しく本当に今日撮影した「今日の画像」 飛行機もいるよ!

天気がよかったので久々に庭に出てみた。

気分が少しでも上がることを期待して。

 

上に1枚載せた山茶花(さざんか)は絶賛咲き誇り中の上、絶賛散り始め中でもあった。綺麗なのでもう1枚。

庭の山茶花

その下はこんな感じ。

山茶花の花びらをのせた石灯籠と石製のカエル

斜めになっちゃってごめんなさい。

花びらや枯れ葉を掃いたくてもこっちからじゃ届かないし、どうせ次々とでっかいピンクのが落ちてくるしね。

 

次は雲がとても躍動的に見えて撮ったものの、あまり伝わらない画像。

躍動的な初冬の雲

やっぱり生で見るのとは違うよねえ。

 

次は気持ちよさそうに上空を飛ぶセスナ機。

遥か上空を飛ぶセスナ機

本当に、凄い高度を飛んでたの。アップにするほどボケボケになっちゃうので、このくらいが精一杯。

そして、その後も庭をうろうろしていたら更にキター。

ジェット機の音。着陸か離陸のどちらかの近さ。

どっちだ?……離陸だ!

と気づいた次の瞬間。

離陸直後の旅客機

突然出現した。しかも近い近い近い。

なんか最近、離陸する方向が少し東寄りになった気がする。前はもっと西で、庭からなど見えなかったのに。滑走路って意外と臨機応変

 

何にしても久々のジェット機撮影である。すぐにうちの屋根に隠れてしまったのでこれ1枚だけ。ラッキーだった。

 

最後に可愛い紫の花で終わろう。

初冬に咲く紫色の小さな菊

なんて美しく潔い姿なのだろう。

私もこんな風に生きたい……と書けたら100点なのだろうが、無理だから。

 

醜く、往生際悪く生きてやるさ。

山姥だからね。

 

なんて雰囲気出して決めてる場合ではないのだ。

早く市役所へ行かなければ。

明日はもっと早く起きられますように。

それではまた。