山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

孤独死(孤立死)とセルフネグレクトの定義とは? うつ病治療中

昨日は出ちゃったよ、得意のビッグマウスが……。

嘘ではないけど要は言い方だよね。

自分の行動の流れも前後間違えて書いちゃってるし。

 

ということで、今回はまず補足から。

【 目次 】

 

 

孤独死? 孤立死? 国による定義を少し調べてみた

海を見つめる孤独な男性の背中

私は「孤独死」という言葉しか使ったことがない。

昨夜、ヒートアップして語ってしまったものの、明らかに知識不足であることが露呈した。

そこで補足の意味も込めて、この分野では初めて厚生労働省及び内閣府のホームページを訪問してみた。

 

すると、まず「孤立死」という言葉が目に飛び込んできた。

以下は説明文の引用である。

 

 ○「高齢者等が一人でも安心して暮らせるコミュニティづくり推進会議」(「孤立死」ゼロを目指して)報告書

「今後「孤立生活」が一般的なものとなる中で、人の尊厳を傷つけるような悲惨な「孤立死」(つまり、社会から「孤立」した結果、死後、長期間放置されるような「孤立死」。)が発生しないようにする必要がある。」

 引用:第1回推進検討会の宿題について|厚生労働省 (PDFファイル)

 

どの資料も高齢者を対象としたものばかりで、それはそれで当然と思う。

とても深刻な問題なのもわかる。

 

でも私が首を突っ込めるポイントとは乖離していた。

高齢者問題が大きいだけに「認知症」の話題は出てくるものの、「うつ病」「セルフネグレクト」という言葉は出てこないのである。

申し訳ないが、このページからは離れてまた検索に戻った。

 

それにしても引っ掛かるのは「人の尊厳を傷つける」という表現。

生きているうちに既に尊厳など傷つけられていると思うのだが、違うのだろうか。

しかも「悲惨」という言葉が追い打ちをかけているように感じるのは、他人事ではない身として被害者意識が強くなっている故か。

 

あくまで私個人の感想である。

 

国の資料でもセルフネグレクトの定義はあいまい

赤い花を持った黒い服の女性

国がセルフネグレクトというものをどう捉えているのか、今回初めて調べた。

セルフ・ネグレクト」と表記されていた。

 

読み進めると、やはり高齢者を対象としたものばかり。

なかなか私に合うケースに辿り着かない。

その理由の一端が窺える報告があったので、以下に引用する。

 

第2部 調査結果報告
Ⅱ-1 セルフ・ネグレクト:質問紙調査
〔自由回答「課題や困難と感じていること、セルフ・ネグレクト全般に関する意見」(抜粋)〕
セルフ・ネグレクト状態にある高齢者への事例対応を行ううえでの課題、困難と感じていることや、セルフ・ネグレクト全般に関する意見について、自由回答で寄せられた主なものは以下のとおりである。

  ~ 中略 ~

 【セルフ・ネグレクトと判断する根拠・定義】

  • セルフ・ネグレクトの判断基準があいまい。
  • 本人の身体に影響はないのだが、不衛生な状態である場合、どこまで介入していくべきなのか。またセルフ・ネグレクトとして対応すべきなのか。
  • 本人が意図的に行っている場合に、どのあたりからが支援や介入が必要なのか、また介入ができるのかなど判断の難しさがある。
  • 本人の気持ちの尊重と客観的判断との基準があいまいで、セルフ・ネグレクトとしての認定が難しいと感じる。
  • 今回のアンケートを通し、セルフ・ネグレクトも虐待に準ずる対応をとり、地域包括支援センターと連携はしているものの、数値化していないことに改めて気付かされ、他虐待と同様に、把握する必要性について検討したい。
  • セルフ・ネグレクトという言葉が住民レベルで浸透していない。

 引用:「セルフ・ネグレクトや消費者被害等の犯罪被害と認知症との関連に関する調査研究事業」報告書|厚生労働省 (PDFファイル)

 

正直なところ、やはり残念で仕方がない。

調査する側、調査される側の両方が完全には理解していないのだ。

定義・根拠があいまい、住民レベルで浸透していないものを、どうやって調査したら正確な数字が出るというのか。

 

この資料は平成26年のもの。

以前も話したように、私は平成で年数を数えられない。

公式な資料には西暦も併記して欲しいものだ。

 

あくまで私個人の事情によるわがままである。

 

今調べている……2014年ではないか!

5年のうちに新たな認識が生まれているかもしれない。

今回は期待した成果は得られなかったが、次回は別の方法で探ろうと思う。

 

コラムごっこ終了~ 今日の画像と私

びっくりした? びっくりしちゃいました?

ちゃちな文章でも、久々に書いてすっきりした~。

ちなみに上で使った2枚の画像はぱくたそ様のフリー素材。

 

私が撮影した画像はここからだよ~ん。

紫色の秋の花

何かが咲き誇っていたのであった。

薄紫色でドット柄。

去年もあったのかな? 憶えてないけどあったんだろうなあ。

 

アップにしてみた。

薄紫色の秋の花 アップ

あれ? もうちょっとはっきり写っているはずだったのに、ぼんやりして見える。

なんで~?

しかし蕾の多いこと……キミ!名を名乗りたまえ!

 

はい、次も何か咲いてたから撮ってみたよ。

薄紫色の秋の花 鉢植え

こっちは鉢植えだから兄弟が育てたんだろうな。

どうせ名前聞いても忘れるからいいや。

でも綺麗だね~。

 

次は定番のこちら。

美しい電柱

暗い……確かに曇ってて雨降りそうだったけど暗い……。

ま、影絵かモノクロ写真と思ってもらえればありがたし。

 

これね、4枚撮ったんだけど垂直なのはこれ1枚だけだった。

かなり来てるねえ。

能面まだ去らないし。

 

ああ、長くなってしまった。

私が「孤独死(孤立死)」に拘るワケとか、能面についてとか、左耳の変化とか語ろうと思ってたのに、思いつきでコラムごっこなんてするから……でも本当にすっきりした~。

 

体調は大丈夫。低血圧、頭痛が相変わらずで、落ち込みがあるのかないのかはハッキリしない感じ。すっきりした~って真顔で書いてて、気分はそれほど上がってないっていうか。

 

そういや、明日は皇室のなんか凄い儀式の日とか?

テレビで観れたら観てみよっと。

それではまた。