山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

うつ病治療中に語る好きだった音楽 クラシックとハードロック編

今日は音楽の話しかしないつもりです。

 落ち込みもないし体調も落ち着いています。あとは、これからやって来るかもしれない睡魔との戦いだけ。いや、来ちゃったら不戦敗ですけどね。

 

自分が好きだったものだけの話になりますが、ジャンルは幅広いですよ~。古いけど。

それじゃ……Are you ready? Here we ……参りましょう。

 【 目次 】

 

クラシックミュージック ラヴェル/ビゼー

私の音楽好きはジャンルを問いません。

まずはクラシックから。

スポンサーリンク

ラヴェル:ボレロ/ドビュッシー:交響詩「海」、他

 

10~20代の頃、一番聴いていたのがラヴェルです。

亡き王女のためのパヴァーヌ」の次に好きな「ボレロ」。

カラヤン指揮のオーケストラのみの演奏が個人的に好みです。

 

この「ボレロ」はバレエ曲でもありまして、一流のバレエダンサーの表現力を楽しむことができます。ど迫力のクライマックス、そこまで惹きつけるための技量がなければ務まらない舞いなのです。

 

動画は世界一のダンサー、シルヴィ・ギエムによる「ボレロ」です。ご存知ない方には長いと感じられるかもしれませんが、興味がおありでしたら是非ご覧ください。 

 

 カウントダウン「ボレロ」(YouTubeより)

 

いかがでしたか?

ああ、これを初めて観る方の反応が見てみたい……。 

 

他にもドビュッシーラフマニノフワーグナーなどが好きでした。でも全部語るとクラシックだけで終わってしまそうです。

不要な情報ですが、私は小学生からピアノとフルートとバレエと野球をやっていました。独唱コンクールに出されたこともありましたけど、あれは嫌だったなあ。大きくなるにつれて体力がついていかなくなり、次々とやめてしまいました。一番未練があるのは野球です。

 

そんなことよりクラシックミュージック!

今回はもう一人だけ。

スポンサーリンク

 カラヤン指揮ウィーン交響楽団他 ビゼー:歌劇「カルメン」

 

ビゼーです。名前は知らなくても、誰もが必ず聴いたことがあるはず。それほど有名曲揃いなのが歌劇「カルメン」です。

「闘牛士の歌」とか「剣の舞」とか、絶対耳にしたことがあるはずですよ。

 

次の動画はオーケストラのみの演奏ですが、短いですし、ちょっとだけでもいいので聴いてみてください。

 

カルメン組曲より「闘牛士」「前奏曲」など(YouTubeより) 

 

いかがです?

聴いたことありますよね。

 

そして絶品なのが世界の歌姫、マリア・カラスによる「ハバネラ」。

情熱に満ちた艶やかなカルメンを、品のある穏やかな炎のごとく表現しています。

マリア・カラスの歌声に魅了されない人がいるのでしょうか?ってくらいです。

スポンサーリンク

ビゼー:歌劇「カルメン」全曲

 

聴力に異常を来した8年前までの、私の耳の記憶は確かです。本当は今でも絶対音感と言われるものを持っているんですよ。だから余計に不協和音にダメージを受けるのかもしれませんけどね。

 

クラシック音楽に世代は関係ありません。

これまで縁がなかったという方も是非一度聴いてみてください。

 

ハードロック ヴァンヘイレン/ディープパープル/レッドツェッペリン/KISS

急にどうした?と言われそうですが、クラシックと並行して聴いていました。

私がもっともハマったのはこちらのバンド。

スポンサーリンク

Van Halen The Studio Albums 1978-84

 

はい、ヴァン・ヘイレンです。

私が小学生の時、父方の高校生のいとこに聴かされたのが始まりです。

 

他のバンドももちろん偉大なのですが、エディ・ヴァン・ヘイレンのギターデイブ・リー・ロスのボーカルの組み合わせが好きだったようです。申し訳ないのですが、サミーになってからあまり聴かなくなっていって……。

私にとってはボーカルも音を奏でる楽器と同じなんです。組み合わせによって、好みの音色というのも人それぞれなんですよね。

 

何年か前に、木村拓哉さん主演のドラマで「Jump」が主題歌として使われました。脳医学者の役で警察もの?事件ものというのでしょうか、仲間ゆきえさんも犯人役でゲスト出演するなど豪華でしたね。市川海老蔵さんも出ていらして。

福澤プロデューサーの世代なら選曲にも納得です。ヴァン・ヘイレンが日本のドラマで使われるなんて夢にも思ってませんでしたからね。

記憶にある方、あのボーカルがデイブ・リー・ロスですよ。

 

と、ちょっとお待ちください。

 

うわ……すみません。驚きのあまり、先にツイッターに挙げてしまいました。

 

 

もう一度言います。ドキッとさせないで~。

闘病中ですが現在はお元気そうだとのことでした。なぜにこのタイミングで……。

 

調子に乗って書くのもその辺にしとけってことですかね。サミーファンに大ブーイングされるかも。

 

なんか尻切れトンボですが、動悸がしてきたので私も闘病に戻ります。

それではまた。