山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

【メンヘラ全開な介護うつ患者】不安の後に笑いが止まらなくなった話

今日から○日目と数えるのをやめた山姥です。

副作用もないし、今日も2食目辺りまでは効いていると思いましたよ。でもね……今回はメンヘラ全開です。引かれちゃうかもしれません。

【 目次 】

  

1人で介護の前日に戻ってきた巨大な不安

f:id:yamauba:20191004200936j:plain

お昼過ぎまで普通に作業をし、気分はとても落ち着いていました。と、自分では思っていました。

ところが2食目を食べて、次の作業に取りかかろうとした時、「あれ、薬飲んだっけ?」と思い出そうとしたのですが、ほんの1、2分前のことなのにまったく記憶がないのです。袋の薬は飲み忘れていたのですが、いつも錠剤のアルプラゾラムは先に飲む習慣になっています。

薬を飲むための白湯の減り方は微妙、朝飲んだ時に何錠残っていたか憶えていない、飲んだ気がするけど飲んでいないかもしれない……これでは私の方が認知症のようです。

 

途端に地響きを伴うような不安が襲ってきます。

分解されたはずなのに一塊となって。

 

追われるように慌てて1錠飲みました。もし飲んでいたら倍の量になってしまいますが、そろそろやめようかと思っていたほど効果が薄く、気休め程度です。しかも無意識に頭痛薬に手が伸び、自分に考える余地を与える前に2錠飲みました。頭もどこも痛くないのに。

 

怖かったです。不安に覆いつくされてしまうのが。

 

3時半過ぎに、どれか薬が効いたようで少し落ち着き、また今日やるはずだった作業に戻りました。早く過去記事をカテゴリ分けしてしまいたいのに、なかなか手をつける時間が持てません。

「自己紹介」というのも、考えたらYahooブログを始めた時のもの。うつの「う」の字も出てきていないはず。手直しした気もしますが、もう記憶がごちゃごちゃです。整備途中の中途半端な状態で、訪問者の皆様には本当に申し訳ないです。

 

そんなこんなで何とか不安を抑えつけていた私に、更なる衝撃が。

 

笑えてしょうがない私と何も語らない偉人たち

f:id:yamauba:20191004205701j:plain

夕方、1階に行ったら父がトイレに入ったので、ダイニングにいた兄弟に思い切って切り出しました。

 

「私がうつ病の治療始めたの、ちゃんと伝わってるよね?」

「ああ…俺、前からその治療してるんだと思ってた」

「は? 前の先生にうつ病じゃないって言われたけど、やっとわかって治療始めたんだよ?」

「そうなんだ」

「『介護うつ』だって」

「介護うつ?……で?(自分は)どうすりゃいいの?」

「どうすりゃって……」

「今まで通りでいいんだろ?」

「……………フw…フフフフフwww」

 

自分でも壊れたかと思うほど笑いがこみ上げ、そのまま自室に戻りました。

そしてまずしたこと。それが上の写真を撮ることです。

私の部屋はもう20年くらい電気がつきません。蛍光灯を替えるのに脚立が必要で面倒だからです。だからテレビが灯りです。消音されてますけどね。

撮影にフラッシュを使うのも嫌で、いつも明るい時間にしか撮影しません。それがなぜだか無性に自分の手が撮りたくなり、どれくらい細くなったかな?と思ったのですが、全然細くないですね。しかも撮影の設定をあちこち適当にいじったので、肌色じゃなくなっています。

 

またホラー画像になっちゃってごめんなさい。

ちなみに一番上の画像は私です。いつか撮ったのを更にコンパクトにしました。初めて見た方、ぼやかしてるのはわざとですよー。

拒食の自覚のない時に撮ったのですが、やはりそれほど細くは見えません。

 

心の中で誰かに話しかけたくて、薄暗い中をあちこち見回します。

f:id:yamauba:20191004211356j:plain

何か言ってよ、理由なく反抗してたキミ。

うーん、よくよく見たら、それほど好みの顔じゃないなあ……ごめんね。

左上の最後の皇帝は何も言わなそうだし、つまんない。

f:id:yamauba:20191004211838j:plain

レジェンド、何か言って。

カラーだったのに面白がって加工しまくってごめんね。

あなただったら私を見て何て言うだろう。

何も言わずに抱きしめる?

ごめん、ボディタッチ苦手。触覚過敏なの。

野暮な女だよねえ。

 

……すみません、途中から勝手にナレーションスイッチ入りました。

何だろう、不安すら感じなくなりましたよ。ただ笑えてくるだけです。ショック療法みたいなものでしょうか。それとも、またまた壊れたのでしょうかね。

何にせよ、明日はやれることだけやりゃいいんでしょう?

やりますとも。余裕余裕。

 

絶望ってね、悪いことばかりでもないんですよ。私は絶望続きで、母の介護の時点で既にうつ病だったわけですが、絶望は心の感覚を麻痺させるんです。だからできないこともできちゃうんです。

いえ、お勧めしているわけじゃないんですけど、私の場合、そうするしかなくて。

 

悲しいとか、そういうのないですから心配しないでくださいね。

逆に「心配しろ」って意味じゃないですよ。ダチョウさんの「押すなよ!」的なのとは違いますよ。こうしてブログを書けるうちは大丈夫だという証拠なんですから。

 

まとめると、今日の出来事に思わずナレーションが入り、結局のところ、昨日心配していたような不安が見えなくなったという話ですね。

心自体は軽くなりましたが動きません。母が微笑んで私の誕生日のケーキを食べているのを見た時のように、何も感じません。もう一人の私のような感覚です。

 

サインバルタは問題なく効いてくれていると思います。

明日もちゃんと効いてくれるでしょう。

久々にメンヘラ全開な山姥でした。

それではまた。