山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

うつ病「私の場合」 サインバルタが服用12日目で効き始めた?

こんばんは。

今日も暑かったのになぜか穏やかな山姥です。

秋の風がこんなにも強い味方だとは思ってもいませんでした。

やはり真夏とは違います。暗くなった今は冷たいと感じるほどの風です。天気予報だと夏日は明日まで。勝機は見えた!

【 目次 】

  

久々の空元気ではないハイテンション…これでいいのだ?

これはサインバルタが効き始めたと思ってもいいのでしょうか。

出だしからお分かりの通り、なんかテンションが高いんです。いつもみたいに無理していないか、空元気ではないのかと自問自答しましたが、胸の中の黒い塊は深く沈み、自然に気分が上がっているのです。

躁状態なのかな? 体験がないので何とも言えません。

 

まだピンクのゾルピデムを飲んでいないというのに、身体に不快感が一切ないのです。今もパソコンの熱気を感じながら書いているのにですよ? もう嬉しくて嬉しくて。

今日の暑さも難なくやり過ごせましたし、来るはずの眠気が来ません! まず、薬に慣れたことは確かですよね。改めてサインバルタの効能・効果を確認してみました。「意欲低下を改善する薬」「気分を落ち着かせる薬」とあります。

私は今、意欲があるのでしょうか? 気分爽快なのは確かですが、おそらくはこれが意欲向上につながるのでしょうね。体力さえ戻れば家事をしたいという気持ちは以前から持ったままです。それは意欲とは別の話なのかな?……混乱してきました。

 

それにこれ、揺り返しだかぶり返しだかが来るやつじゃないですか?

その時はその時で仕方ないですけど、母の時に見守る側として学びました。いちいち一喜一憂していては気力がもたないと。

うつ病の本人はどうでしょう。私は一喜一憂していいと思います。何も我慢することなどない、正直に感じたままを語っていけばいいのです。自分が介護うつだと知る前ですが、私がブログを始めたのは本来はそのためです。

 

まさか仕事ができなくなるとは思っていなかったので、ここで仕事をすることも考え始め、ブレまくりの私は言うことがコロコロと変わりしました。読み返すと本当に恥ずかしいヘタレです。

でもそれが私。カッコつけたところでもう手遅れなので、このままの強がりヘタレで居座ります。

 

何の宣言をしているのでしょうね。

今、言いたいことは一つです。これでいいのだ!

 

 

今日の画像 おやつのお菓子と貧弱な飛行機雲&一昨日の雲たち

高級デジカメならキミが買いたまえ! と言われそうですが、まだまだ愛着のある今のデジカメ。使えなくなったら買います。

 

実は今日、他のことに熱中していて、撮影していないことに気づいたのは夕方近くでした。

薄暗くなってきていたので慌てて撮ったのがこれです。

f:id:yamauba:20191001203758j:plain

調節したつもりですが、やっぱり暗かった……。

今でも一食はこれで十分と思ってしまい、いやいや、これは間食、おやつだぞ、またちゃんとご飯を食べるんだぞと、自分に言い聞かせる毎日です。ミニシルベーヌじゃない時はロッテのプチチョコパイを食べます。

元々は甘いものは苦手でした。今ではチョコレート系のお菓子は欠かせません。貧血か低血糖かわかりませんが、血の気が引いてきた時の応急措置のようなものですね。後頭部がスーッと気持ちよくなり、頭がすっきりと軽くなります。

病院で3カ月に一度検査をしますが、糖が出たことはなく、肝機能も中性脂肪も他諸々もすべてクリア、たまに貧血の値がちょっと出るくらいなものです。

 

これだけでは…と外を見るとまたもや飛行機雲が。

f:id:yamauba:20191001205711j:plain

なんとも貧弱ですみません。

代わりといっては何ですが、一昨日に撮って載せきれなかった美しい雲たちをご覧ください。

f:id:yamauba:20191001210207j:plain

どうですか、このグレイのグラデーションと白と青とのコントラスト。

グレイの雲、実は薄い色の方が低い位置にあり、流れが速いんです。一番高い位置にあるのは白い雲で、次が濃いグレイの雲です。

いつまで見ていても飽きないと思っていたら、すぐグレイ一色になって雨になりました。ほんの一時の豪華キャストの共演です。私は何ヲタなんだ……。

 

さて、明日はどんな13日目になるのでしょうか。

勝機は見えたといっても、それは台風相手の話です。

今日は浮かれてしまってごめんなさい。決してうつ病治療を軽く見ているわけでも、甘く見ているわけでもありません。私も一喜一憂の年月を過ごすことになるでしょう。

テンションは高まっても前向きな言葉は思いつきません。私には「安心する言葉」はありませんでした。

 

「これでいいのだ!」

 

正直、開き直りや安心というより、諦念というものかもしれません。でもその諦念を受け入れられたなら、私を苦しめる「恨み」という感情を消してくれそうな気がします。

そう信じてみようかな……というところまで来ました。

 

なんかしんみりしちゃいましたね。

明日も眠気が来ず、13日目の経過を報告できるように祈っておきます。

それではまた。