山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

うつ病治療 サインバルタの副作用 7日目の経過と意外な効果?

こんばんは。

2日ぶりの山姥です。生きてます。

 

Pro導入成功ですかね? URLだけ見ると、その都度、前のままだったり新しくなっていたりでよくわかりません。でもデザインの変更などはできたので雰囲気を変えてみました。

正直、私のガラではありませんが、殺伐とした内容が多いだけに癒されそうな感じにしてみました。また変更するかもしれませんが、デザインに時間をかけている場合ではないのでしばらくこのままです。

 

「注目記事」という項目をサイドバー(スマホなどでは本文の下に表示)に入れてみました。自分でもどの記事がよく読まれているのか把握していなかったものですから。

 

ここでビックリです。サインバルタの副作用の記事がトップ。その下を見ても「うつ」への関心が高いことがわかります。でもちょっと待ってください。これでは私がサインバルタのネガキャンをしているみたいではありませんか。

 

そのようなわけで今回は「サインバルタの副作用」の続編です。

 

サインバルタ服用7日目 副作用の経過と意外な効果?

f:id:yamauba:20190926202127j:plain

 

あくまで「私の場合」です。

この3日か4日ほどでしょうか。眠気が弱い時は吐き気、吐き気がない時は強い眠気というように、徐々に傾向が変化してきました。

 

吐き気を感じる日はどんどん減り、強い眠気を感じることの方が多いです。例えば昨日のように。

 

昨日ブログを更新できなかったのは、書き始めてからとんでもなく強い睡魔がやって来たせいです。気分が落ち込んでいたこともあり、私は逆らわずに寝ました。目が覚めたのは夜遅くです。

 

家人は寝ているので静かに自室で食事をし、薬を飲み、またブログを書き始めました。落ち込んだ気分のまま、その理由、自分の思い、関連する過去の出来事を延々と綴り、書きたいことの半分もいかないうちに2000字近く。一気にそこまで書いてしまってから、やっと手を休めます。

 

気がつくと、また強い眠気が。

でもその眠気はサインバルタの副作用ではありません。睡眠導入剤がもたらした正当な眠気です

 

先日載せた画像のこれです。

f:id:yamauba:20190920184906j:plain

この前「ピンク」「白」と書いたように、私はなかなか薬の名前が覚えられません。

 

今説明書を見直しました。ピンクは「ゾルピデム」、白は「アルプラゾラム」だそうです。後ろの袋は更年期障害の症状、私の場合は主にのぼせを和らげるためのものですので、眠気とは無関係です。

 

白の…じゃない、アルプラゾラムは1日3回飲んでいます。不安と緊張を和らげる効果があり、眠気を伴うこともあるらしいですが、私はこれだけで眠くなったことはありません。そして不安が和らいだこともありません。

 

というか、まず名前。「快眠くん」とか「安眠ちゃん」とか「ねむりん ♪」とかわかり易く、親しみ易くできないものでしょうか? ゾルピデム…なんか悪役っぽい。アルプラゾラム…恐竜? 怪獣? って感じです。

 

ああ、こういう余計なこと書くからネガキャンっぽくなっちゃうのよね……。

 

話を戻します。

そう、食事の後、ブログを書き始める前に私が飲んだのは睡眠導入剤だったわけです。ここまで読むと、そりゃ眠くなるのは当然じゃないか! とお思いでしょう。

 

しかしながら、この夏は熟睡できず、まともに食べずと自業自得で衰弱しきった私です。ゾルピデムはもう長いこと効果を感じなくなっていましたが、たまにちゃんと効く時があり、様子見、様子見と薬の見直しを先送りしてきました。

 

本来の私なら、とっくに薬を変えてもらっているはずです。

もし眠りたいだけなら。

 

このゾルピデム、眠気こそ連れてきませんが、飲むと身体の暑い・寒い・重い・だるいといった不快な感覚が消え、不安までも軽くしてくれるのです。とても気分が良くなり、眠気がこない私はそこからが絶好調。締め切りが迫っている時は、ゾルピデムを飲んでから一気に記事を書き上げ、早朝に納品したことも何度もあります。

 

改めて言うまでもないことですが、これは正しい用途ではありません。お医者さんに知れたらものすっっっごく怒られますので、決して真似はしないでください。

 

ゾルピデムは寝付きを良くし、熟睡するための薬です

 

私はすぐ薬を変えたくない理由をオブラートに包み、ラップで包み、更にアルミ箔に包んで先生に伝えています。おそらく伝わっていないでしょう。

 

長々と悪事を白状してしまいましたが、さて、ここからです。

 

サインバルタを飲み始めたら、なんとゾルピデムが本来の効力を発揮し始めたのです!

 

どうなってこうなったのかはわかりません。昨夜のように、数時間眠ってから飲んでもちゃんと効くようになったのです。効き過ぎなくらいです。

いくら夏の間ほぼ眠れていないからといって、急に手のひら返し……いや、えーっと……すみません、前向きないい表現が出てきません。

 

とにかく、薬が正常に効くようになったことは喜ばしい限りです。もう仕事には使えませんが、どちらにせよ今の私では復帰できないので喜んで寝ておきます。

 

こうして一つでも喜びを見つけて喜んでおかないと、昨日みたいにずっどーんと落ち込むだけの毎日ですからね。

 

そして改めて強調しておかねばならないこと。敢えて見出しにします。

 

抗うつ薬は即効性がなく、効果が表れるまで2週間前後かかる

とっても大事なことです。

トップの記事で「効いている実感がない」というようなことを言い切ってしまってますからね。追記で注釈付ければいいんでしょうけど、今もいつ眠気が襲ってくるかと慌ててこれを書いています。昨日は今の時間、ぐっすり眠っていました。

 

あ、そうだ、とりあえず記事をリンクさせておきますね。

 

www.yamauba.work

 

副作用の話は事実ですが、一部、誤解を招く表現がございました。誠に申し訳ございませんでした。

 

私はあと1週間で効果が出始める目安の「2週間」を迎えます。

目覚めてからずーっと続く不安。落ち込み。

どうか軽くなりますように。

それではまた。