山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

眠れず食べられずの最悪な一日

こんばんは。

眠れずに過ごしてテンション高めの山姥です。いえーい!

早速、二枚舌で空元気発揮しますよ。いいじゃないですか、空元気。どんどん出していきましょうよ、空元気。いつか本当の元気になるかもしれませんからね。

 

久々ですよ、こんな一睡もでき……いえ、一睡はしました。1時間か2時間くらいだったと思います。蒸し暑さで目が覚め、クーラーをつけて眠り直そうとしたのですが、ここからが地獄の始まりでした。

私はクーラーつけっ放しでまともに眠れたことがないのです。でもつけないと暑くて眠れません。どっちにしても眠れないのです。わかっていながら眠ろうとした、それが本日の敗因でした。

 

その一回起きた時に空腹感を覚えたので、とりあえず起きて食事をして、薬を飲むべきだったのです。

横になってしまったら、もう身体を起こすのがしんどくなっていました。眠たい感覚が続いていたので、そちらを選んでしまったんですね。判断力が低下していたことも要因かと思われます。

気がついたら眠れないまま7時間も経過していました。

本当にもう何やってんだか……。

 

そして、この体力のなさ。単純明快な原因を一つ、思い知りました。

栄養が足りていないのです

食欲は正常(たぶん)なのですが、胃弱のせいで私は昔から小食なのです。家事ができていた頃も家族のために料理はしても、それを口にすることはほとんどありませんでした。

家族のための料理だから作れるのであり、自分のために作った料理ではないからです。理屈にすると物凄く変ですが、そういう感覚でないと家事ができません。

 

よーく考えてみると、夏になってから食事の回数が減っています

現在の一日の摂取量は、おそらく普通の人たちの一食分にも満たないでしょう。夏を乗り切る体力がないのは当然といえます。

家事も父の世話も困難になり、そんな役立たずの私が「食べる」ことに罪悪感を持っている点も無視できません。

 

他人事のような書き方ですが、他人事として見るとちゃんと見えてきます。食べなきゃだめ、眠らないとだめ。人としての基本ですね。

私はよく「セルフネグレスト」と一言で表現しちゃいますが、クリアしていくべき課題のなんと多いことか。

 

今日はここで締めようと思ったら、画像の用意を忘れていました。なんてこったい……というわけで、8月に撮影した夕焼けの別バージョンです。

f:id:yamauba:20190928162713j:plain

 

今日はもう頭が回転しません。

何かをいっぱい食べて、今夜こそ快眠にチャレンジします。

それではまた。